船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

永代供養料の表書きの書き方とは?

    

近年、永代供養を依頼する人が増加をしています。

家族に迷惑をかけたくはない、という人や後継者がいない場合にはお墓を購入しても無縁仏になってしまう可能性があります。

しかし費用のことなど分からないことも多いので事前に知っておくとよいでしょう。

 

 

 

永代供養の表書きはどうするべきなのか

冠婚葬祭の時にお金を包むものとして、金封袋があります。

冠婚葬祭の内容に応じて使い分けることになりますが、永代供養の場合にはどうでしょうか。

一般的な水引がついている袋を選びますが、大抵の場合、金額が高額になっているので、金封袋では入りきらないという可能性があります。

そんな時には桐の箱に入れるとよいでしょう。

桐の箱は葬具品を取り扱っている店舗でも取り扱っているので、探してみるとよいです。

桐の箱に現金を入れる場合、半紙で現金を包むようにしてから箱に入れるようにしましょう。

供養を依頼する寺院や霊園によっても金額は異なってくるので、事前に確認をしておくとよいです。

また気になる表書きですが、永代供養料ということで問題はありません。

厳密に言うと決まりはないので自由に書くことはできます。

お布施でもよいですが、納める目的を記載したほうが好ましいので、この場合には永代供養料としたほうがよいでしょう。

納付をする寺院や霊園に分かりやすくするということが大切です。

 

水引はどの色のものを選ぶべきなのか

一度に高額の供養料を納めることもあるかもしれませんが、少額からでも納付をすることができる場合、金封袋でも十分対応をすることができます。

金封袋の水引は冠婚葬祭の内容によって色が変わってきます。

永代供養など仏事の場合には白と黒の水引のものを選択しなければいけません。

また中には黄色と白の水引もあるので、これでも構わないとされています。

中に入れる金額に応じて袋のグレードも変わってきます。

水引がプリントされているものもありますが、永代供養料の納付であれば水引がプリントされているものではなく、キチンとした形で結ばれているものを選択したほうがよいです。

プリントをしたもののほうが安価ではありますが、金額が少額の時に限られるということもあるので、金封袋の種類も必ず確認をしたほうがよいです。

 

他に記入をしなければいけない項目

表書きで供養料と書き、他にはどういうことを書かなければいけないでしょうか。

まずは施主の名前です。

誰が納めたものか分からなくなってしまわないように、必ず施主の名前を記入するようにします。

他にも金額の記載も忘れないようにしましょう。

不幸があった場合や仏事の場合には薄墨の筆で書くというのが一般的ですが、薄墨の場合には急な不幸の場合に限定されるので、元々分かっているようなお金の納付に関しては特に薄墨でなければいけない、ということはありません。

また仏教でも宗派によっては永代供養を受け付けていない寺院もあります。

浄土真宗は亡くなったらすぐに成仏をするという考えなので、他の宗派とは考え方が異なります。

どういう宗派で葬儀を執り行ったのかによっても供養の方法が変わってくることがあるので、確認をしておくとよいでしょう。

永代供養は昔からある供養の形式ではないので、こうしなければいけないというマナーが定まっていない部分もあります。

分からないこと、疑問に感じたことがあった場合には葬儀会社や菩提寺がある場合には寺院に確認をしてみるとよいでしょう。

 

永代供養は近年始まった供養の方法なので、しっかりとしたマナーが定められていないという部分があります。

表書きに関しては目的をはっきりとさせるために永代供養料ということでよいですが、いつまで供養をしてくれるのかなど霊園や寺院によっても変わってくることがあるので、確認をしたほうがよいでしょう。

地域によっても考え方が違うことがあるので注意も必要です。