船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

言葉が似ているけど永代使用って何?永代供養とは違う?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2019/12/23
    

似ている言葉となる永代使用と永代供養との違いは、墓地を借りるだけなのか、永代にわたって管理まで担ってもらうサービスを利用するのか、こうした違いがあるだけでなく、かかる費用の問題も解決しなければなりません。

お墓を建てる土地だけが必要なのか

船橋エリアにあるお寺や霊園では、永代供養というサービスを利用できます。永代供養墓にも種類があるだけでなく、永代供養と永代使用という言葉が似ているけれど、その意味の捉え方をはき違える人もいるようです。

そもそも永代供養は、永代にわたりお寺や霊園で供養をしてもらう意味合いがあります。遺骨を永代に供養するためには費用もかかりますが、永代供養墓を利用するのならば、遺骨は合祀での納骨になることが多いようです。

永代にわたるというだけあって、無縁仏になる可能性がある場合に供養料を支払ってでも選ばれている傾向にありますし、子供たちの存在のみならず、管理負担を考える必要もないメリットなどもあります。永代供養墓は費用が安いということも魅力のようで、個別の墓石が不要です。

子供たちが供養してくれるのかどうか

永代供養と似ているのが永代使用ですが、お寺や霊園にお墓を建てる際に使用料が必要になります。墓石にかかる費用と違って、お墓を建てるための「土地」にかかる費用を永代使用料といいます。ということは、墓地を永代にわたり使用することができることを永代使用というのであって、供養や管理は別々に考えなければなりません。

子供や子孫がいるのならば、永代にわたり土地を使い続ける権利を主張できます。親族の手前、お墓をあずかる人もいるのではないでしょうか。この場合も永代使用に当てはまります。ちなみに、永代供養と似ているのはお墓がお寺にある点、管理費を支払うという点です。

しかし墓地使用の権利ですから、使用料も高額なところもあるので確認しておきましょう。船橋エリアの永代供養のための使用料は数万円からですが、墓地使用料や納骨料、刻字料も含まれているところでは百万円ほどかかることもあるようです。

それだけの魅力(ウリ)もあるようで、生前に申し込みをする人も少なくありませんが、その場合、年会費や護持会費など、実際に使用するまでの管理費のようなものが必要になるのか、そうしたことも確認しておきましょう。子供たち、子孫がいるのであれば、供養は不要と考える人もいるでしょう。

その子供の代になったとき、その子供が未婚のままであれば、お墓参りする親族がいなくなる可能性も考えなければなりません。今は、お墓を建てていても永代供養墓へ移すことを考える人たちが少なくないようです。

立地条件や広さなどの墓地の価格

似ている永代使用料に関しては、区画面積が広いほど高く設定されています。船橋エリアの地価や立地条件も永代使用料の価格を左右するため、アクセスのいい場所で考えるならば、永代供養墓を利用するのも手の内でしょう。合祀式の永代供養墓であっても、入り口から近くであったり、日当たり良好といった区画の立地条件での供養も可能になります。

ちなみに、お墓を建てる墓地は購入でなく、お寺から借りる使用権が与えられているだけです。それだけに税金はかかりませんから、どちらを選ぶのかは、家族がいるかいないか、そうした家族構成からということが考えられます。

 

言葉が似ているけど、永代使用と永代供養との違いに詳しくない人もいるようです。使用は墓地を借りるだけの内容で、家族がいて、お墓参りもしてくれる、管理までがしっかり確定されている場合に利用するのが望ましいようです。

永代供養墓を利用するのはその反対で、子供がいない、供養してくれる人が近くにいない場合に利用するのが望ましいといいます。どちらにしても、まずはお墓が必要になり、そこには管理などの費用がかかることも頭に入れておかないとなりません。

イメージ 1
2
3
4
5
会社名 宝成寺 本光寺 釈迦時 船橋昭和浄苑 大念寺 和みの郷霊園
おすすめポイント 400年以上の歴史がある宝成寺 満足度92%の本光寺 日本一美しいと言われるステンドグラスの仏教画がある釈迦寺 緑に溢れていて、景観の良い「船橋昭和浄苑」 バリアフリー設計で快適な環境の大念寺
詳細リンク もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく