船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

ペットと一緒に永代供養はできる?

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/01/18
    

ペットを家族と考える人が増える中、お墓も一緒に入りたいと希望するケースも多いです。

かつては人とペットを一緒に埋葬するスタイルはあまり見られませんでしたが、近年では受け入れる霊園も少なからず存在します。

今回は千葉県船橋市にある動物可の霊園なども紹介するので参考にしてください。

 

人と動物は同じお墓に埋葬しても良いのか?

少子化などが原因となり、お墓の継承者がいないなどの問題が多くなってきました。

無縁墓地になるのは避けたいという人には永代供養をオススメします。

お墓やお骨を遺族ではなく霊園などに管理して貰うお墓のスタイルです。

このため、例えばお墓に継承者が存在しなくても無縁墓地にはなりません。

家族ごとに埋葬するお墓や、多くの人と一緒に埋葬するお墓のほか、樹木葬やマンション型など様々な種類があり、立地条件や好みで選択できます。

宗旨宗派が問われないケースも多く近年では永代供養墓の人気が高いです。

その永代供養墓にペットと一緒に入りたいと考える人も近年では増加傾向にあります。

そもそも、同じお墓に入れるのかが分からないという人もいるでしょうが、動物と人間が同じお墓に入るのは国で禁止はされていません。

しかし、仏教で動物は人間よりも低い存在とされているため人間と一緒のお墓に入れるのを受け付けない霊園や、動物嫌いの利用者もいるために人の入るお墓に埋葬するのを拒まれるケースも少なくはないです。

このように、各霊園や寺ごとに動物との埋葬を可能にしているかは異なります。

また、人と動物の両方を受け付けてはいるが、区画を分けて埋葬しているケースも多いです。

 

動物も一緒に入れるお墓とはどんなものか?

どのような霊園などで動物と人間が同じお墓に入れるのかといえば、比較的新しい霊園などで受け付けてもらえる可能性が高いです。

このような霊園では、最初からペットとの埋葬が可能であると全面的に広告などでアピールしている場合もあるため、探しやすい傾向にあります。

逆にハードルが高いのは、歴史の古いお寺などです。

動物を埋葬するには檀家からの承諾を得る必要があり、理解はされにくいために断られる傾向にあるでしょう。

また、お墓のスタイルとしては永代供養墓が動物と一緒に入れる可能性が一番高いといえます。

ただし、動物のお骨をひとつ以上埋葬したい場合にはお墓を購入する前にお墓の管理者へ相談すべきです。

動物の場合、お骨の数量に制限があるケースも少なくないため、購入してから後悔しないようにしましょう。

また、動物の方が人間よりも先立つケースが多いため、動物の死に合わせてお墓を購入しなければならないのかと不安になる人もいるかもしれません。

確かに、人間が入らなくても先に動物のお骨のみを埋葬するのが可能なお墓は多数ありますが、一緒のお墓に埋葬したいからといってペットが死んでも必ずしもお墓を用意しなければならない訳ではありません。

安くはない買い物ですので、亡くなった動物のお骨は一時的に手元供養にして、家族の誰かが逝去した際に一緒に埋葬する手段も考えると良いでしょう。

 

船橋市には動物と一緒に埋葬可能な霊園が多い

船橋市にある霊園では動物と一緒に眠れる区画が販売されているケースも少なくはありません。

例えば、低価格の樹木葬を販売している霊園では、個別区画に埋葬してから管理期間を終了すると、シンボルとなる樹木がある合祀墓へ移され永代供養されるスタイルが取られています。

管理期間は13年間か33年間のどちらでも選択でき、管理期間が終了した後の管理費は無料になります。

合同慰霊祭が毎年行われ、継承者も不要ですが動物と入れる区画は限られています。

動物の場合、サイズによっても変化しますが3体まで埋葬でき、一体につき3万円で管理期間は契約年数と同じです。

 

人間と動物を一緒のお墓に埋葬することは可能です。

永代使用料を払うスタイルのお墓を管理する新しい霊園などで受け付けて貰える可能性が高いです。

様々なお墓の種類から自分に適した形態や、管理年数、入れる動物の数などをよく考えて選ぶ様にしましょう。