船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

永代供養墓の「屋内別」と「屋外別」の違いや特徴とは?

公開日:2020/01/15  最終更新日:2019/12/23
    

お墓を管理することがない方法として永代供養墓が近年は増えてきていて、寺院や霊園といったところでやっています。どのようなものがあるのかというと、屋内別や屋外別がありますので違いを知ることによってどちらを選択するのかを決めることができます。

管理をしてくれることから安心できる

近年増えている永代供養は寺院や霊園が管理をしてくれることで、忙しく自己管理をしないでいいというのがメリットになっています。自己管理をしないということではイメージが悪く聞こえますが、これは時代の流れによって管理をする家族が近くにいないケースもありますし、子供がいないというケースも少なくありません。

それらを考慮すると永代供養という選択になることも致し方ないことになり、また新しくお墓を建てることに比べると、高い費用がかからないこともメリットです。そして問題となることも多い宗派によって分けることがないのも利用する人が増えている理由で、檀家になることを条件としている寺院もありますが、関係なく永代供養をしてくれるところもあります。

屋内では差別化できるメリットがある

永代供養墓の屋内型では建物内で供養ができるようになっているので、霊廟型というのがあり上部に仏壇を置いているので供養に対する気持ちも入りやすいですし、下部には納骨する場所もあるので助かります。屋内では納骨塔型というのもあり石質のモニュメントを地下に置くことによって、より違いを演出することができるのも特徴です。

こちらも近年は人気となっているのが室内にある納骨型があり、それぞれに納骨するのが戸棚のようなところになりますので、差別化を図ることができるのも嬉しいところになります。価値観が変ってきている世の中ですから、それぞれによってメリットがありますし、生前に選ぶことができるのも安心できるポイントといえます。

外に適した形をしているのでわかりやすい

さまざまなメリットがある永代供養墓には屋外別と屋内別との2種類があるので、どちらを選ぶのかは家族と相談をしながら決めることがベストです。

屋外では最も多いのが納骨壇型となっており、小さなものから大きなものまでサイズは管理する寺院によって違いがあるものの人気のある供養方法となっています。

その他にも納骨塔型があるのですが、こちらは納骨壇型と変らないことがほとんどですが、特徴としてあるのが塔の形をしていることです。そして形として違いがあるのと屋内と同じように石質のモニュメントもあるので、家族や親族と訪れた際にはわかりやすいというメリットもあります。

また墳陵型というのがあり、これは学校で習った前方後円墳を髣髴させる形をしているので、大きなつくりになっていることや合葬墓になっていることも永代供養として人気があります。それぞれに違った特徴を持っていることから、屋外で考えるにはこれらの種類から選ぶことで管理を任せることが可能です。

このように管理をしてくれることもありますが、交通の便がいいというメリットも寺院や霊園にはありますので、通いやすい立地というのも都会の人には魅力となっています。これからの家族が通うにも安心できるのは、年に数回通うにも便利だったり、供養にいくことができない年でも負担を軽減して任せることができるという精神的な開放があるので、今後は増える可能性があります。

 

時代の流れによって価値観が変わってきており、永代供養墓を選択する家庭も増えてきていますが、屋内別や屋外別となっていることも知っておくことです。屋内では外と違って個別感がでていて安心できるということや、屋外では規模が大きく作ることができるので目立って気持ちよさがあります。屋内や屋外どちらを選ぶにしても、寺院や霊園に連絡して通いやすい立地にあるのかとか費用なども確認することによって、選ぶことに繋がっていきます。

イメージ 1
2
3
4
5
会社名 宝成寺 本光寺 釈迦時 船橋昭和浄苑 大念寺 和みの郷霊園
おすすめポイント 400年以上の歴史がある宝成寺 満足度92%の本光寺 日本一美しいと言われるステンドグラスの仏教画がある釈迦寺 緑に溢れていて、景観の良い「船橋昭和浄苑」 バリアフリー設計で快適な環境の大念寺
詳細リンク もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく