船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

永代供養の集合墓とは何?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/09/10
    

最近では永代供養墓を利用する人が増えていますが、その場合には個人式の墓だけではなく集合墓が存在します。

ここでは永代供養墓と集合墓の内容を紹介し、その中でも特に船橋にあるこの種の墓のメリットと選び方を書いていきます。

永代供養墓と集合墓の内容について

永代供養墓とはお寺や霊園が永代にわたり供養する墓のことで、これを利用するといろいろな不安を解消することができます。たとえば家族が少なくて将来の墓の供養ができないのではと心配したり、仕事の転勤で墓の遠くの場所に行くことになりお墓の管理がしにくい人なども安心しやすいでしょう。

そして核家族が多いような最近の日本ではこの種の墓を利用する人が増えていますが、この場合には複数の遺骨を一か所にまとめて埋葬する集合墓があります。この種の墓を利用するメリットとしては、しっかりと管理を依頼できるので安心しやすいということや一般的な墓に比べて費用がかなり安くなることなどがあげられます。

費用に関しては最初に購入する際の金額が一般の場合よりもかなり安くなるほかに、初回の支払い以降の管理費を払わなくてすむことも多いので利用しやすいと言えるでしょう。

船橋の永代供養墓の選び方とメリットについて

船橋にはいろいろな永代供養墓があるので複数のところを見にいくと良いのですが、それが可能でなくてもサイトで人気のあるお寺や霊園のことを読むことができます。この地域の永代供養墓のある場所は自然があって景色が良かったり、駅から行きやすいところなども探しやすいと言えます。

さらにここではお坊さんがいつでもいて手厚い供養だったり、どんな宗教でもどのようなタイプの人でも受け入れやすいところがあります。また、料金やプランが非常に分かりやすかったり、価格全体がとても安いというメリットなども存在します。なお、バリアフリーだったり法事などにも使えるというようにいろいろな人たちが使用しやすいところなども探せます。

永代供養墓を選ぶ場合の注意点について

以上のように永代供養墓には利点がたくさんありますが、これを選ぶ際には気をつけたほうが良いことも存在します。たとえば集合墓の場合には他の人たちと一緒に埋められた後に掘りかえすことができないので、それでも良いかをよく考える必要があります。

そしてこの種の墓では大きな献花台や香炉などが作られているのですが、お花や線香は可能でも一般的な墓の場合のようなお添え物ができないところも多いので注意が必要です。また、個人式の永代供養墓の場合でも33回忌などの決められた安置の時期が過ぎると他の遺骨と合祀の形になるのでその点について調べておくことが大切です。

さらに身支度はどんなものでも良いことにはなっているのですが、お参りするところなのでしっかりとした服装を考えたほうが良いでしょう。なおこのようなところでは管理事務所などがあるので、お参りのときには管理している担当者に中に入る前に声をかけることも大事と言えます。

 

永代供養墓はお寺や霊園が永代にわたって遺骨の管理や供養をしてくれる墓なので、家族の人数が少ないなど一般のお墓では不安があるような場合でも依頼しやすいでしょう。そしてその中には他の人たちと一緒に遺骨が収蔵されるような集合墓があり、この場合には管理に関して安心できるだけでなく費用が安くなりやすいというメリットもあります。

さらに船橋では魅力的な永代供養墓を扱っているところがいくつもあり、ここでは手厚い供養でいろいろな人が利用しやすいところを選ぶこともできます。なおこのような場所を探す場合には複数の墓の見学に行くと良いのですが、そのようにしなくてもサイトで調べることも可能です。

以上のようにこの種のお墓は利用する魅力があると言えますが、集合墓では一度埋められるとその後に掘りかえせないのでこの点でも注意が必要です。