船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

船橋でも注目されている永代供養とは

    

船橋でも注目されている永代供養

 

核家族化が進む中で、今大変注目されているのが永代供養する事が出来るお墓です。全国的に需要が高まっており、千葉県の船橋でも例外ではありません。

しかし、実際に従来のお墓とどこが違うのかその違いが分からないと言う人もいるのではないでしょうか。そこで今回そんな永代供養について詳しくその中身を紹介していきたいと思います。永代供養が気になると言う方は、是非参考にして下さい。

 

 

近年多くなっている後継ぎ問題

現在日本は核家族化が進み、昔の様にたくさん家族がいた時代では無くなってきました。そこで問題になってくるのが後継ぎ問題です。これまでであれば長男は後を継ぎ、代々お墓を守って行くと言う風習でしたが、子供の数が減りなかなか後を継ぐと言う事が出来なくなってきています。

そこで出てくるのがお墓の問題です。代々後を継いで行くと言うこれまでの考え方であれば、誰かがお墓を守り引き継いでいかなければいけません。しかし、なかなかそれを引き継ぐ人がいないと言う問題が発生しており深刻化しています。

そこで注目されたのが永代供養のお墓です。従来のお墓は先祖代々受け継いで行く物になっていましたが、永代供養はその代限りであり寺院などで長きに渡り管理してくれるお墓になります。その為、後継ぎがいない人でも安心してお墓の管理を任せる事が出来ます。

ますます需要が高まる永代供養

今、お墓のあり方は変わりつつあります。少子化の影響により、核家族化がどんどん進み、これまでの様に子供がたくさんいる中でのお墓を代々守って行くと言う事が出来なくなってきています。

また、転勤族などで遠方にお墓がある場合、お参りに行くのも大変な事です。その為、今お墓のあり方を考えるべき時がやってきたのではないでしょうか。現状を考えればやはりお墓のあり方が変わると言う事は当然の流れではないでしょうか。

これまでのお墓と永代供養のお墓ではもう一つ大きな違いがあります。それは費用の面です。従来のお墓であればお墓を建てる為の土地代や墓石代、その他毎年管理費などが掛ってきます。中にはお布施などしなくてはいけない場合もあり、何かと費用が掛ってしまいます。

しかし、永代供養であれば従来のお墓の4分の1程度で済んでしまいます。最初に支払いが発生しますが墓石代であったり毎年の管理費など必要が無い為、それぞれのお墓で多少異なりますが費用の面での負担も従来のお墓よりも軽減されるでしょう。

広がりを見せている永代供養の実態

船橋だけではなく、全国的に見ても永代供養の利用者は増加してきています。残された人に負担を掛けたくない、そんな考えを持つ人達が増えているのが現状です。

やはり実際問題、お墓を託された人への経済的負担は大きくなっています。それが何年も継続的に続くとなると、やはり永代供養を選ぶ人が増えるのも当然の結果ではないでしょうか。

もちろん、従来のお墓にこだわりがある人もいるでしょう。どちらが良いのかは考え方次第であり、一概に言える物ではありません。それぞれにメリットやデメリットがある為、お墓について悩んでいる人はじっくりと考える必要があります。

この、お墓の問題は自分達だけではなく、子孫にも関わってくる物ですから、慎重に考えて行く必要があります。最近では終活と言う言葉を良く耳にする機会がありますが、まさに自分が亡くなった後の事を考え、お葬式やお墓など早め早めに考えなければいけない時代がやってきているのではないでしょうか。

誰でも、いつ何があるか分かりません。その為、早めに今後の事を考えておくのも良い事でしょう。お墓の形はそれぞれですが、故人を偲ぶ気持ちは変わりません。その為、今まさにこれからお墓をどうするべきか、じっくりと向き合い選んで行く事が大切なのではないでしょうか。