船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

市川・船橋でも注目を集める永代供養墓とは?

    

注目をあつめる永代供養とは

 

お墓があるとお盆などお墓参りをする人も多いですが、お墓参りができないという人もいて、そうなると墓参りをしてくれる人がいないという状態になりますが、代わりにお墓があるお寺・霊園が責任をもって永代供養・管理をしてもらえます。

お墓は合祀(ごうし)墓・合同墓・合葬(ごうそう)墓・共同墓・集合墓・合葬式納骨堂などがあり、一般的には他人と一緒だったり、同じ納骨室に安置されるという方法になっています。

 

 

一般的なお墓との違い

一般的なお墓というのは先祖代々のお墓ということがほとんどですが、そういう場合にはお墓参りをしますが、お墓参りをしなくても、お寺・霊園が責任をもって供養・管理をしてくれることです。そして、個人の墓でなければ、墓石代がかからないので、墓地の使用料が安くなります。

納骨方法はいくつかありますが、30万~50万円くらいが平均的な料金になりますが、100万以上という場合もあります。もし、生前に申し込みをした場合には年会費か護寺費・年間管理費が必要になってくるところもありますが、基本的には宗旨宗派を問うことはありませんが、まれに宗派に帰依(きえ)(信仰)・檀家になるということなど条件があるところもあるようです。

主なタイプは一般的なお墓を大きくして、地下または半地下に骨を納骨できるところをつくり、その上に仏像・仏塔・碑などを立ててある墓、納骨室を作り、その下に合祀(散骨)スペース(合祀墓)があるお墓、合葬墓を備えた納骨堂、個別の墓があります。

納骨した人の名前などの記録で一番多いのは石の板の墓誌(ぼし)に刻字されているものになりますが、その他には過去帳・墓籍簿に記載されている形をとっています。永代供養墓の納骨方法は合祀墓といわれていますが、遺骨を骨壺から出して、土に埋めるという方法とある一定期間(33回忌までが多くなっています)は埋葬してその後に合祀する方法と骨を分骨して2つにする方法です。

納骨後はどのように供養してくれるかはお寺・霊園によって変わってくるかもしれませんが、毎年春のお彼岸・お盆・秋のお彼岸に合同供養をしたり、年に1回または毎月・毎年祥月命日・回忌供養の供養になります。

永代供養をするメリット

お墓参りをしなくても供養・管理を行ってくれることが大きいかもしれません。そして、個人の墓以外は墓石代がかからないので料金が安くすむこと、一式料金を1度支払いをすればそのあとの管理費・お布施・寄付金などという費用は一切かかりません。

ただ、生前に申し込みをした場合には年会費・護寺費・年間管理費が必要になるところもあります。また、宗派があるという人もいるかもしれませんが、基本的には宗旨宗派を問うことがありませんが、お寺によっては条件がある場合もあるので確認をしたほうがいいかもしれません。

改葬する場合

改葬というのは骨を移すということになりますが、改葬をする理由というのは様々です。理由としてはお墓が遠い・墓地が古いから近くい移したい、先祖代々あるお墓のあるお寺・霊園との付き合いが負担になったり、お寺から離れたいという場合などが多いのではないでしょうか。

改葬するにはお墓がある市町村役場から改葬許可申請書をもらいますが、場所によってはダウンロードができる場合もありますが、必要事項を記載してからお墓のあるお寺・霊園から署名・捺印をもらいます。そのあとに新しい永代供養墓のお寺から使用(納骨)許可書をもらって、新しいお墓がある市町村役場に行って改葬許可証を発行してもらいます。

そして、現在あるお墓があるお寺・霊園で墓前で読経して、魂(こん)抜き(閉魂供養・消魂供養)してから遺骨を取り出して、墓地を整理して、新しい墓地に遺骨と改葬許可証を持っていき納骨をして完了です。