船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

永代供養で考えられるトラブルとは?その対策も知ろう!

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/05
    

少子高齢化が多くなっている最近では、遺骨の供養をお寺や霊園に永代にわたり依頼できる永代供養墓が人気になっています。ただこの場合、メリットは多いもののトラブルが起こる可能性もあるので、事前によく考えておいたほうが良いでしょう。そのような墓を選ぶ際の注意点とその対策について紹介していきます。

永代供養墓を利用するときの注意点について

永代供養墓には共同供養墓と個人墓がありますが、どちらの場合にもそれぞれ注意したほうが良いと言えることがあります。共同供養墓では他の人と一緒にまとめて遺骨が入れられるため、一度お墓に入れた後は掘りかえすことができなくなり、別のお墓に移すことは不可能となります。

また、この種の墓は石碑やモニュメントがお墓のところに建てられていますが、花以外のお供物は供えられないところがたくさん存在します。これに対して個人墓の場合には個人の名前や戒名が使用されていてお参りも自由にやりやすいのですが、この場合は一定期間後に合祀をされるのが一般的なので注意が必要です。

さらに共同扶養墓の場合には費用がかなり安くなりますが、個人墓ではそれよりも高くなるのでこのような点もよく調べたほうが良いでしょう。

この種の墓でのトラブルについて

この種の永代供養墓でのトラブルとしてまず考えられるのは、故人の親戚達が一般のお墓ではないと知って不満を言い出す可能性があるということです。また、この種のお墓では樹木葬などいろいろなタイプがあるので、お参りの仕方を気軽に考えていると思っていたように通ったり品物を持っていけないということがあります。

さらに費用に関しても最初の金額だけでなくその後に別途管理費などが必要となることがあるため、事前に調べないとお金の面でも納得できなくなる可能性が考えられます。そしてこのような不満が出てお墓を変えようとしても遺骨を出せなくなっていることも多いので、そこでまたトラブルが起きることもあるでしょう。

トラブルにならないような選び方について

以上のようなトラブルを避けるためには、まず適切なところを選ぶということが大切なので、事前に多くのお寺や霊園を見学しその内容もよくチェックしたほうが良いと言えます。そして景色が良い船橋の場合には由緒正しくとても綺麗なお寺や、駅の近くだったり駐車場が利用できるなど通いやすい霊園なども存在します。

さらにここでは、いろいろな人が参拝しやすかったり手厚い供養をおこなうようなところもあり、そのようなところならば家族や親戚も納得しやすくなるでしょう。また価格が安かったり、明るい雰囲気のところなどもあるので、自分の希望や好みに合ったお寺や霊園を探しやすいはずです。

それ以外でもお坊さんがいつでもいるため適切な供養が期待できるお寺や、法事や会食などにも十分に利用できるところなども探せます。なおバリアフリーなどがあって高齢の人なども参拝しやすく、いろいろな年代の家族や親戚がいる場合にプラスになる場所も存在します。

そして、このようなメリットが期待できるところを調べて事前に見学をして納得のできる場所を選ぶと、満足しやすくなるでしょう。その上で家族や親戚にもその特徴や利点について事前によく伝えておくと、トラブルになりにくいと考えられます。

 

少子高齢化になった現在の日本では永代供養墓が人気になっていますが、共同供養墓に入れた場合には遺骨がとり出せません。さらに個人墓では一定期間後に合祀をされることが多いので、そのようなことについてもよく考えておいたほうが良いでしょう。

そして永代供養墓の場合には、普通の墓ではないので親戚や家族が不満を持つこともあり、費用では別途管理費などがさらに必要になることもあるので注意が必要です。そのようなトラブルを避けるには事前にお寺や霊園の内容をよく調べて、いろいろなところの見学をすることが大切と言えます。

船橋の場合には通いやすかったり綺麗だったり手厚い供養をおこなうようなメリットのあるところを選びやすいので、しっかりと調べて選ぶようにすると良いでしょう。

イメージ 1
2
3
4
5
会社名 宝成寺 本光寺 釈迦時 船橋昭和浄苑 大念寺 和みの郷霊園
おすすめポイント 400年以上の歴史がある宝成寺 満足度92%の本光寺 日本一美しいと言われるステンドグラスの仏教画がある釈迦寺 緑に溢れていて、景観の良い「船橋昭和浄苑」 バリアフリー設計で快適な環境の大念寺
詳細リンク もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく