船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

船橋・市川エリアで人気の都市型公園墓地

    

都市型公園墓地

 

 

都市型公園墓地というのは、都会にある公園のような雰囲気になっている墓地を言います。これといって明確な定義があるわけでもなく、昔からあるシーンとしたお墓のイメージを払拭することをテーマにしているお墓です。

 

 

都市型公園墓地は人気が高い

都市型公園墓地は人気の高い霊園です。その理由は、「お墓参りへ行きたい」、「ここを選んでよかった」と思ってもらえるようなつくりを目指しているからです。それは何で決まるのかというと、やっぱり視覚的な要素です。墓標がずらりと並ぶ閑散とした霊園、ガーデニングが施された綺麗な公園のようなスタイル、家族を埋葬するなら後者を選びたいと思う人が多いのではないでしょうか?

最近は都市型公園墓地は珍しいタイプでもなく、どちらかと言えばスタンダードなスタイルになりつつあります。特に魂と自然の融合を目指す「樹木葬」が人気になっていることからも、都市型公園墓地の殆どは樹木葬が可能となっており、これも人気の秘訣です。

都市型公園墓地は樹木葬から永代供養ができる

都市型公園墓地は園内のつくりが美しいというだけではなく、樹木葬から永代供養ができることも特徴です。もちろん、樹木葬に対応しているかどうか?永代供養墓かどうか?この辺りは各霊園によって詳細が異なりますが、殆どの都市型公園墓地は樹木葬が可能であり、樹木葬ができる霊園では永代供養が可能となっているケースが多いです。

樹木葬にも様々なスタイルがありますが、基本的には従来の永代供養と似たような内容です。一定期間は個人スペースで供養、その後に合葬に移る、あるいは最初から1つの木の元で合葬として埋葬するのが一般的です。霊園のタイプを大別すると、「都市型公園墓地」と「お寺」に分けることができますが、お寺とは違った特徴の霊園を利用したいという方に都市型公園墓地はオススメです。

また、お寺で永代供養をお願いしたい時、お寺によっても都市型公園墓地のように樹木葬ができるところもあります。また、寺院内において神秘的な区画が作られているケースもあるので、区画ごとで比較をすると両者のタイプはどちらも現代的なスタイルであると言えます。

船橋・市川でオススメな都市型公園墓地

さて、船橋・市川には多くの都市型公園墓地があります。基本的に永代供養が可能であり、樹木葬を希望する方にとっても最適な候補となりやすいです。永代使用料はお寺に比べると多少高い傾向があり、下限が30万円前後が相場です。

■ 墓地公園ならしのガーデンパーク(船橋市):永代使用料5万円~35万円
■ 八千代ふれあいパーク(八千代市):永代使用料40万円~192万円
■ 梨香の郷霊園(市川市):永代使用料25万円~50万円
■ むらさき聖地霊園・永遠の光(野田市):永代使用料14万円~27万円
■ 船橋昭和浄苑・永代供養墓「浄縁墓」:永代使用料20万円~60万円
■ 船橋メルヘンパーク・樹木葬墓地「こころの樹」:永代使用料19万円~46万円

上記以外にも、納骨堂と都市型公園墓地が一体になっている霊園、高蔵寺のように伝統のあるお寺の園内墓地など、様々なタイプがあります。

基本的に都市型霊園墓地は明確な定義が存在しませんが、都市型霊園墓地を選びたいという方は園内の雰囲気を重視したい方が多いと思います。都市型霊園墓地と呼ばれる霊園でも、それぞれの霊園によって雰囲気はかなり違うため、しっかりと見学をしながら霊園選びを進めましょう。

最後に樹木葬に関する豆知識を紹介しておきますと、樹木葬は地方よりも都会の方が霊園が多いです。その理由は都会には都市型霊園墓地がたくさんあり、その殆どが樹木葬に対応しているからです。樹木葬という観点にも注目しながら、霊園を探してみてはいかがでしょうか?