船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

永代供養のタイミングはいつ頃がいい?

    

遺族や子孫に変わって霊園や寺院などが遺骨を管理したり供養する事を永代供養といいますが、どのタイミングで任せる事が最適なのか分からないという人が多くいます。どのような方法でどれくらいの費用がかかるのか、どの時期に任せる事が良いのかを知っておく事が重要になります。

 

 

 

永代使用料とは異なるので注意が必要

言葉の響きが似ている永代使用料とはお墓の土地代のようなものであり、墓地の使用権の為に支払うお金の事です。永代使用料を支払えば子供や孫へと継承し続ける限りいつまでも利用する事ができるので、永代使用料永代供養を間違える人も多くいます。永代とは期限を設けずにいつまでもといった意味ですが、使用料と供養とではまったく意味が異なってくるので注意が必要です。永代で供養するという事は子供であったり孫が継承する事ができなくなってしまった遺骨の供養を、業者や寺院が代わりに供養していく事です。この場合にかかるお墓の購入費用は一般的なお墓を建てるよりも比較的安価であるとされていますが、その理由としては合祀される事にあります。

合祀とは骨壺からお骨を取り出して血縁のあるなしに関わらずにさまざまな人の遺骨と一緒にまとめて埋葬する事を言います。専有スペースの無い共有のお墓であり使用料が安い特徴があり、個別の墓石を建てる費用が不要になるので安価で供養する事ができます。近年では多種多様な供養プランがあり、合祀専用のお墓であったり期限を設けて決められた期間だけ供養をしてもらう事ができるプランなどがあります。

合祀専用のお墓で永代的に供養してもらう場合には、多くの人と一つのお墓を利用する事になり埋葬を済ませるとその後の事は全て霊園や寺院に任せる事になります。お墓の管理や継承の心配がなく年間管理料などの維持費もかからないので安価に供養する事ができると共に、別途料金で戒名授与や墓誌彫刻なども可能です。生前に申し込みをしておく事も可能である場合も多く、自分が亡くなった後の事を考えて生前に永代の供養の希望をしておく事もできます。決められた期間だけ利用するプランの場合には単身者や夫婦だけの一代限りであったり、夫婦と子供の2世代用として利用できるプランなどがあります。お墓には使用期限が設けられているので決められた期間内は一般的なお墓と同じように利用する事ができ、手厚くしっかりと供養する事ができます。

 最適なタイミングで永代の供養を申し込む

永代で供養を行う方法にはさまざまな方法がありますが、どの時期に申し込みをする事が最適であるか分からないという人も多くいます。既に亡くなっている人の供養を永代的に行うのか、自分が亡くなった後の事を考えて事前に申し込みをしておくのかなどそれぞれタイミングは異なります。

既に亡くなってしまっている人の供養を永代に変更するタイミングとしては、墓じまいをする時遠方へ引越しをする時などに多く行われます。少子高齢化が深刻な日本においてお墓を管理する人が少なくなっていく事は現実的な事であり、家族や親族と話し合った切り替える時期を考える事が重要です。また自分が亡くなった後にお墓を管理する人がいなくなってしまう場合などには、それ以前に申し込みをしておく事が必用になります。自分の供養を永代的に行ってもらうために生前に申し込みをしておく人も多く、そのようなプランを設けている霊園や寺院も多くあります。

 費用やプラン内容を比較して霊園や寺院選びをする

永代的に供養を行ってもらう為に必要になる費用がどれくらいであり、どのようなプランなのかを確認して申し込みをする事が大切です。それぞれの霊園や寺院によって必要になる費用は異なりますが、費用を左右する要因としてはお墓の使用や墓石の大きさ個別埋葬される期間などによって異なります。インターネットの情報を参考にしたり実際に自分の目で確かめたりと、多くの情報の中から最適なプラン選びをする事が重要になります。

 

永代的な供養を行う際には家族や親族と相談をするなどして、後から後悔のないようにしっかりと計画を立てて申し込みをする事が大切です。移りゆく時代のニーズに合わせたさまざまなプランがあるので、どのようなプランが最適であるかを確認する事が重要です。