船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

改葬をするための手順とは

    

改葬をするための手順とは

お墓のある土地から引っ越しなどで遠く離れてしまい、お参りや掃除をしたいけどなかなか行けなくて困っているという方は結構多いようです。
その中には、現在住んでいる場所から通いやすい墓地にお墓を移したいと考えている方もおられるでしょう。
そういうお墓の移転のことを改葬と言いますが、当然ながら自分で勝手にやるわけにはいきません。
改葬をするには、墓地の管理者に承諾をもらい、お役所へ手続きを済ませ、お墓の供養を行うことが必要です。
どうすればいいのか分からないという方のために、改葬を行う手順を説明したいと思います。

 

改葬をする前にやっておくべきこと。

改葬しようと思っても、自分だけで進めてしまうと思わぬトラブルが発生して、のちのち面倒なことになりかねませんし、余計にお金がかかってしまうかもしれません。
まずは家族だけでなく、親戚や故人と近しい人にも相談して同意をもらいましょう。
それから費用や場所の条件お墓をそのまま移転するのか新しく造るのか、などをじっくり検討して改葬先の墓地を決め、今の墓地の管理者に移転の承諾を得ます。
墓地の管理者は一般的にはお寺の住職ですが、証明書を発行してもらう必要があるので改葬がスムーズに進むよう、お寺との関係には気をつかったほうが良いでしょう。
檀家を続けるのか、続けない場合は離檀料などのお礼はどうするのか、慎重に話し合ってください。

 

改葬するため必要となる役所への手続き。

お墓を移転することが決まったら、「改葬許可証」をもらうため移転元の墓地がある市町村役場に提出する書類を揃えましょう。
必要なのは「埋葬証明書」と「改葬許可申請書」ですが自治体によっては「受入証明書」も必要となります。
★「埋葬証明書」は今の墓地の管理者に承諾を得て、署名・捺印のある証明書をもらってください。
★「改葬許可申請書」は移転元の市町村役場、または自治体のホームページで入手します。
★「受入証明書」が必要な時は移転先の墓地管理者に証明書の発行をお願いしてください。
入手した「改葬許可申請書」に申請者および改葬する故人の本籍・住所・生年月日・死亡年月日などを記入し、他の証明書と一緒に移転元の市町村役場に提出して、「改葬許可証」を発行してもらいます。
その「改葬許可証」を移転先の墓地管理者に提出します。
以上で改葬のための手続きは完了です。

 

閉眼(へいげん)供養と開眼(かいげん)供養。

実際に改葬をするときには、閉眼供養開眼供養を行うことになります。
閉眼供養とは、お墓から遺骨を取り出す際に御魂抜きとして僧侶に読経などをしてもらうことです。
閉眼供養が終わったのち墓石を撤去し更地にして、墓じまいとなります。
開眼供養は新しいお墓に納骨する際、同じように御魂入れをしてもらいます。
いつ改葬するかは、新しいお墓の完成予定日を考慮し、あらかじめお寺や参列者と日程の調整をして決めてください。

〇まとめ
改葬にかかる費用については、地域性やお寺との関わり、墓石や墓地の条件によって違ってくるのでここでは触れませんでしたが、それなりの金額は必要です。
そんなにお金をかけられない、または事情により改葬が出来ないという人には、永代供養をしてもらうという方法もあります。
永代供養とは、お寺や霊園にお墓の供養および管理を代わりに願いするということです。
この方法なら改葬に比べてかなり費用が抑えられ、供養・管理も任せておけます。
今の墓地を管理するお寺に頼めば手続きも簡単でしょう。
ただし、永代供養と言ってもいくつか種類があるようです。
安置所に他の遺骨と合祀される場合が一般的で、個別のお墓として供養してもらう場合は金額が高くなり、供養期限も設けられますのでよく確認してみてください。
しかし、自分がいなくなったら他にお墓の面倒を見てくれる人がいない、という方にはかえって安心出来る方法とも言えるでしょう。