船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

墓じまいはいつから始めればいい?

    

墓じまいはいつから始めればいい?

 

近年多くなっているのがお墓を撤去する墓じまいです。
聞きなれない言葉かもしれませんが、この墓じまいとは一体どの様な場合なのか、また始める場合はいつから始めるのが最適なのか詳しく紹介しています。
ぜひこれからのお墓の有り方について考えてみましょう。

 

 

進む核家族化と少子化の中でのお墓問題

戦後日本の家族の人数が少人数化し、近年では核家族化が進んでいます。
また高齢出産の問題から少子化を迎え、家族として一緒に暮らしている人数も一昔前と比べるとだいぶ少人数化しているでしょう。
そんな核家族化の中で深刻な問題になっているのがお墓です。
お墓といえば先祖代々守っていくものというイメージがありますが、核家族化の中で、誰がお墓を守っていくのかとても重要になってきます。
また、お墓を守る人にとってはお墓の掃除や供養など何かと負担になってきます。
その負担を少人数の中で背負わなくてはいけなくなる為、誰が今後管理していくのかもとても重要になるでしょう。
そこで今、墓じまいをする人が多くなっています。

〇墓じまいとは
その名の通り、墓をおしまいにする、つまり終わらせるということです。
墓を終わらせてしまって遺骨などどうするのか不安に感じる人もいるかもしれませんが、墓じまいをしたお墓の遺骨に関しては永代供養することが出来るお寺に移すなど対策を取ることが出来ます。
核家族化の中で墓じまいをする人が今後ますます増えるのではないでしょうか。

 

時代時代に合ったお墓の有り方とは

お墓の管理は簡単なことではありません。
例えば転勤族など各地を転々としている場合、お墓の管理の為に何度も遠い場所まで足を運ぶのも大変です。
昔であればその家の長男がお墓を守るというのが自然な形でしたが、近年が長男、次男関係など平等という考えの人も多くなっています。
また、長男であっても跡を継がないなど、代々受け継ぐということが少なくなっているでしょう。
お墓もその時代時代に合った形に変化しており、近年では様々なお墓の形が取られる様になってきています。
少人数の中でいかに負担を少なくしながら、先祖代々の供養もすることが出来るのか、考えなければいけない時代に突入しているのではないでしょうか。

〇墓じまい行う時期
では実際に墓じまいをおこなう場合、いつ頃から始めれば良いのでしょうか。
墓じまいをする為にはある程度期間が必要です。
例えば墓じまいをすることを親族に了解を取ったり、遺骨を移す先を考えたり、墓じまいをする上での必要書類を集めたりと大変です。
そのことを考慮した上で早めに行動をしましょう。

 

今後ますます増えてくる墓じまい

墓じまいをしたとしても遺骨をどの様にするのかなど事前に考えておく必要があります。
墓じまいをした後のこともしっかり家族で話し合い、納得をした上で準備を進めることが大切です。
墓じまいをすればそれで終わりではありません。
遺骨をその後どの様にするのかも一緒に考えましょう
別の場所に移す場合でも、お墓参りにいくのが不便など他の人から言われてしまう場合もあります。
トラブルなどなく関係も良好の中でお墓を移すことが出来ればそれが一番良いことなので、事前にきちんと話し合っておきましょう。
また、墓じまいの費用はある程度かかります。
その費用負担もどの様にするのかしっかり話し合っていきましょう。
墓じまいをしたからといってそれが悪いことという訳ではありません。
ただし、墓じまいの仕方によって親戚などとトラブルになってしまうことも考えられるのでスムーズに墓じまいをすることが出来る様にきちんと準備することが大切です。

〇まとめ
少子化、核家族化を迎えた日本にとってはお墓の問題も重要です。
近年ではお墓を撤去する墓じまいをする人が増えていますが、墓じまいをするのであればある程度余裕を持って行動しましょう。
スムーズに墓じまいをする為にもしっかり準備することをおすすめします。