船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

永代供養墓はどんな人が利用してる?選んだ理由とは?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/11/11
    

船橋エリアには、お寺の数も多く、また、永代供養墓を利用したい相談も相次いでいます。見学される者もいますが、どんな人が検討しているのでしょうか。今の時代ならでは、核家族化などが持ち上がっている話も耳にします。

付加価値があるから満足度が高い

現代らしいお墓の考え方、価値観などの変遷があるようで、さまざまな理由から「永代供養」を選ぶ者が増えているようです。船橋エリアにも、そうした永代供養の相談ができる施設(お寺など)があります。

そもそも永代供養は、家族にお墓の管理を任せるのではなく、お寺や霊園などに任せる内容です。しかも、継承されていくはずのお墓を永代にわたり守ってくれる内容でもあります。その永代供養墓を利用するのは、どうしてでしょうか、選ぶからには理由もあるはずです。

例えば、永代供養墓を選んだ者の意見には、宗派や宗教を問わなかった点を上げています。誰でも利用ができるならば、という安心感が大きいのではないでしょうか。

他にも、船橋エリアにはお寺が運営している霊園もあって、そちらではお坊さんによる手厚い供養を毎日受けられる付加価値があります。どんな人が選んでいるかと問われれば、どの道お墓に入るのであれば、お経を唱えてもらいたいという理由から選んでいる声も耳にします。

合同でのお墓だから独り身も安心できる

今でも、核家族化の問題が解決されずにいますが、もちろん継承されていくお墓もあります。しかし、子供がいない場合にはお墓をどのように管理すべきか、生きる者としては考えなければならない現実問題があります。

また、未婚の者も、どこにお墓を建てるべきなのかという問題を考えるでしょう。他にも、どんな人が考えるのかと問われれば、生きる者にしてみれば、家族に迷惑をかけたくないと考えているケースもあるようです。考え方の変遷によって、こうした理由から永代供養墓を選ぶ者が増えているようです。

船橋エリアにあるお寺などでは、合祀式の永代供養も設けています。この場合はモニュメントが建てられ、大きな香炉や献花台が設置されるようで、亡くなった後々も寂しさがないのではという独り身の心理に寄り添える理由から支持されている永代供養墓です。

また、個別式の永代供養墓もあり、故人の名前や戒名が刻まれているので、家族に迷惑をかけたくないけれど、いつでもお墓参りができる環境が用意されているため、家族を持つ者から支持を集めています。

費用がリーズナブルだから利用しやすい

また永代供養墓を利用する理由として、管理や維持を含めた費用の問題もあるようです。低価格で年間管理料や維持費などの負担軽減がはかれ、年金受給者のお財布に優しいことが上げられています。

一般的なお墓を建てるならば、墓石建立費用だけでもかなりの金額ですが、お寺への永代使用料や管理費などで300万円ほどの費用がかかる話を耳にします。合祀式の永代供養墓ならば、お寺にもよりますが50万円ほどの費用で任せることができます。もちろん、お墓の手入れも必要ないのであれば、選ばない理由がない声さえ聞かれています。

ちなみに、船橋エリアでのこうした永代供養においては、お彼岸やお盆などに法要をおこなうことがあるようです。家族がいるのならば参列をしてもいいのですが、強制するものではなく、法要までも任せられますし、参列しないからという理由で管理しないということもありません。

 

船橋エリアの永代供養墓はどんな人が利用しているのかといえば、家族がいない、いわゆるお墓を受け継ぐ者がいない者が利用している傾向です。しかし家族がいる、子供もいる、そうした者が選ぶ理由としては、家族に亡くなってからも心配や迷惑をかけたくない、こうした理由からです。

そうした負担を担ってくれるのが、お寺などですが、管理などの費用もリーズナブルであり、永代にわたり安心感が約束されていますから、利用者数は今後も増える見込みです。