船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

永代供養にお供え物はできる?

    

少子化が進み、現在ではなかなか将来的に墓地を継承して行く事が出来ない、つまりお墓を守って行く事が出来ないと言う人が増えています。

そこで現在利用者が増えているのが、永代供養です。

ただ、自分たちでお墓を守っていくのではなく、あくまでも寺院側がお墓を守って供養してくれると言う事になるので、お参りに行く時やお供え物をどうするか分からないと言う人も実は少なくありません。

では、実際にはどの様なルールになっているのでしょうか

 

そもそも永代供養とは何だろうか

元々は寺院が先祖代々のお墓を守り供養して行くと言う意味でしたが、現在は寺院が一定期間、遺族に変わってお墓を守って供養して行くと言う事に変わっています。

その期間は寺院との契約内容によって変わりますが、三十回忌や五十回忌など、期間が決まっています。

勿論その間に寺院の経営等によって供養が続けられなくなってしまった場合は、まだ契約期間内であっても、供養してもらうことができなくなります。

ただ、故人が亡くなってから頼むサービスという訳ではなく、実は生前に予約する事が出来るようになっています。

そのため、現在では就活の一環として、あらかじめ自分でお寺の方に依頼する人も珍しくありません。

また、永代供養は故人一人だけのお墓を守って行ってもらうと言うのではなく、合同に祀るお墓の方に納骨される形です。

だから、故人以外の人の遺骨も一緒に納骨されている状態です。

 

お参りをする時にお供えは必要ないのか

永代供養を行う場合は、個人のお墓とは違い他の人の遺骨も納骨されているので、お参りに行ったりお供えをしたりする必要はないのではないかと考えられてしまう事も少なくありません。

確かにお墓の管理や定期的な供養自体は、そのお墓を管理している寺院に全てお任せする事が出来ます。

だから遺族がわざわざお参りに行かなかったとしても何か問題があると言う訳ではありません。

しかしやはり故人に会いに行きたいと考える人もいる為、永代供養墓にもお供えのスペースが用意されています

ただ、お参りに行く際には必ず遺族がお供えをしなければならないと言う訳ではありません。

お参りに行った時や、少し会いたいと言う時に花などを持って行けば十分です。

したがって、絶対にお供えを用意しなければならないと言う訳ではありませんが、お供えをしてはならないと言うことでもありません。

基本的には合同で祀られてはいますが、個人のお墓をお参りする時と同じ様にすれば大丈夫です。

 

合祀墓の場合に気を付けておきたい事

個人の墓の場合であれば、生前故人が好きだったもの等を置いたとしても問題はありません。

しかし、合祀墓の場合は、故人以外の人の遺骨も納骨されているので、他の遺族の事も考える必要が出てきます。

例えば、あまりにも沢山の物を置いてしまうと言うことだけでなく、生前好きだからと言って、何でもかんでも置いてしまうのは良い事ではありません。

そのため、なるべく一般的なお供えであるお花、お菓子などを最小限の量で用意すると言うのが基本です。

そうすれば、他の遺族に対しても配慮した形になるからです。

また、何をお供えすれば良いか分からないと言う時は、事前にそのお墓の管理者の方に聞いておくと分かりやすいです。

置いても良いかどうかと言うことだけでなく、何を置くと良いか、嗜好品を置いても良いか等を聞く事が出来るからです。

自分の遺族が祀られていると言うことで、どうしても個人のお墓との境界線があいまいになってしまう事もありますが、あくまでも他の人も一緒に眠っていると言う事を理解しておくことが重要になって来ます。

 

永代供養をした場合、お参りに行くのは一般の遺族が管理している墓にお参りに行く時と同じ様に行う事が出来ます。

勿論その際はお供えを用意する事も可能ですが、他の人も一緒に祀られている合祀墓の場合は、お菓子やお花等の物を用意するだけにしておきます。

分からない事は事前に管理局・管理者の方に問い合わせておくと安心です。