船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

お墓の管理は意外と大変

    

お墓の管理は意外と大変

 

近年増えてきてる永代供養ですが、なぜ永代供養が人気なのでしょう。それは、費用の安さと管理の手軽さがあります。お墓の管理は、思っているよりも手間や費用がかかります。

それに比べて、永代供養は費用も安く、手間もかからないのが魅力となっています。ここからは、お墓の管理の大変さと、永代供養の手軽さを比較しながらみていきます。

 

 

お墓の管理って管理費でどこまでやってもらえるの?

永代供養は永代供養料を支払うことで、管理費用が含まれていることが多く、その後の管理は全てお寺や霊園などで行なってもらえます。

それに比べて、一般的なお墓はどこまで管理してもらえるのでしょう。お墓の管理費には、設備や共有部分の維持管理費が含まれています。設備と共有部分というのは、お参りに来た人が使う水くみ場や園内の歩道などの清掃や修繕のことを指します。ですので、個別のお墓の管理は対象外となります。

そのため、個々のお墓は個別で管理をしなければなりません。お墓の個別の敷地は落ち葉や雑草などの除去が必要になります。また、暮石も雨風にさらされているので磨き上げる必要があります。これは個別に行わなければなりません。もしも、植木などを敷地内に植えている場合は定期的な剪定しておくべきでしょう。

こうなると、お墓の管理者は最低でも数ヶ月に1度、理想的には1ヶ月に1度の訪問が必要になります。もちろん、お墓の見た目の問題としてもお花を添えたりするには頻繁に出入りをする必要があります。

結構かかる、お墓の費用

お墓の費用は結構かかるのが実際です。管理費は、違いはありますが4000円〜15000円程度となっています。民営の霊園では年間で5000円〜15000円、公営霊園で年間で4000円〜10000円、寺院墓地で年間10000円程度となっています。

その他には、法事や葬儀などの法要で費用が発生します。寺院によっては毎月の月命日や週忌法要などがあり、そのたびにお寺を訪れる必要が出てきます。

その際には、お布施を支払うことになるのです。また、お寺の檀家になると寄付も必要になります。これは、お寺を修理するために檀家が持ち寄る費用になりますが、1口何万円という額になります。寄付に関しては、お寺との付き合いの程度でも金額が変わりますが、その土地の名士や戒名の位が上がるにつれて寄付金額も上がるようになっているようです。

永代供養では、管理費は必要になりますが、最初の支払いで全てが済みますし、お布施や寄付などは存在しません。ばかにならない金額ですので本当にお墓の管理は大変です。

お墓のことを話し合っておく

お墓の管理は大変ですが、長期間に渡って世話ができなくなったり、管理費用を滞納したりすると無縁仏になってしまうこともあります。お墓の管理費を支払わないでいると3年〜5年程度で永代使用権という、お墓をたてた時に取得した権利を取り消されることになるのです。

よくあるトラブルが、亡くなった親がまとめて支払っていたお墓の管理費用のことを知らずに、請求書が届いてびっくりする人もいるようです。若い人のお墓離れがこのトラブルの一因とも考えられています。トラブルを避けるには、親がなくなる前にお墓のことを話し合っておくことが大切です。

最近では、余計な費用がかからない永代供養にすることで費用を圧縮する家庭が増えています。もちろん費用のことだけでなく、核家族化や高齢化によりお墓の管理が定期的にできなくなっていることも原因です。お墓を永代供養にするには、親戚の同意や離壇料の支払いなどもありますので、早めに準備を始めることが必要となってきます。

離檀する際にお寺などとトラブルになることもありますので、しっかりと考えて準備を進めましょう。