船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

永代供養に位牌は必要?

    

現在、お墓やお仏壇の関係から永代供養を選ぶ人も増えてきている状態です。

しかし一体どのように進めるべきなのか、通常の供養とは何が違うのかなど分からないことだらけだという人も少なくありません。

では実際に永代供養を行う場合、位牌は必要なのでしょうか。

 

 

 

 

そもそも永代供養とは何でしょうか

通常、仏式では亡くなった後に追善供養と呼ばれる法要を行うのが一般的となっていますが、それは故人の家族、親族が行うものとされています。

もちろん日々の供養だけでなくお墓の管理などもする必要があるので、代々それを受け継いでいくというのが今まで一般的に行われてきた形でした。

しかし今、供養の形が以前とは変わってきており、家族や親族が後継者として供養をするのではなく、寺院などが代わりに供養を行うスタイルを選ぶ人が増えてきています。

それを永代供養と呼びます。

遺骨は納骨堂を利用するだけでなく、共同の墓地を選ぶこともできるようになっており、その寺院や墓苑によっても形が違っています。

個人で供養する時と比べるとお墓の管理などもする必要がなく、さらに供養のための費用も最初に一定額払えばその後の支払いは不要という場合も増えています。

そのため子供達に迷惑をかけたくないということから永代供養を選ぶ人も増えている状態です。

 

位牌とは一体何のことでしょうか

位牌はなくなった人の戒名と、亡くなった時の年号、日付、俗名、享年が記されます。

ただそのように情報を記した木の札というわけではなく、そこには故人の魂が宿るとされています。

そのために行われるのが魂を入れる儀式である開眼供養です。

ただ、今ではお仏壇の中に置いておく位牌ですが、もともとは参り墓として寺院に置かれていました。

そこから徐々に供養の方法が変わり、江戸時代に各家庭に置かれるようになったのです。

そして遺族は日々の挨拶をしたり報告をしたりしているのです。

ただ、仏教は色々な宗派に分かれていますが、実は全ての宗派で位牌が必要というわけではありません。

例えば浄土真宗は同じ仏教でも必要ない、扱わないとしている宗派です。

また菩提寺によっても必要かどうかということが変わってくるため、仏教であればどのようなもの場合でも必要となるわけではありません。

また家族と相談し、用意しないという選択をすることももちろん可能です。

つまり、仏教において絶対に用意しなければならないと決まっているものではないのです。

 

永代供養の場合位牌はどうすれば良いでしょうか

永代供養を行う場合は、実は位牌に関しては3つの選択肢から選ぶことができるようになっています。

一つは最初から用意しないということです。

そもそも仏教では絶対に用意しなければならないものという位置付けではなく、本人が用意するかどうかを決めることももちろん可能です。

だから、最初から用意しないという選択をすることも決してできないわけではありません。

二つ目はすでに位牌がある場合は、一時的に寺院に預かってもらうという方法です。

この場合は一時的な預かりということになりますが、寺院によっては3年程度を目安としているところも多くあります。

3年が経過した後は引き取りをするか、お焚き上げをするかどちらかから選ぶことになります。

ただ、預かってもらった場合はその後位牌をどうするか決めなければならなくなります。

そこで位牌の永代供養を選ぶ人も増えている状態です。

この場合は預かってもらっているわけではないので、引き取り必要はありません。

ただ未来永劫供養してもらうことができるというわけではなく、30回忌とか55回忌といった期限が設けられているのが一般的です。

 

永代供養を選ぶ場合、色々なことがよく分からないという人は少なくありません。

疑問として感じるポイントの一つが位牌についてで、どのように扱えば良いか分からない人は多くいます。

実際にはそもそも用意しない、一時的に預かってもらう、位牌も永代供養してもらうなどの方法から選ぶことができるようになっています。

したがって、自分たちの考えに合う方法を選ぶことが可能です。