船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

永代供養の場合、位牌はどうなる?

    

永代供養墓のあるお寺や施設では、これから先もずっと供養をしてもらえるという安心感があるのですが、近年の新しいシステムでもあるので内容を理解しておくことは欠かせません。

さらに、位牌の取り扱いをどのようにするのかも事前に知っておく必要があります。

まず「位牌」というものを理解することが重要

自分の名前は、親から引き継いだ名字と親がつけてくれた下の名前で構成されていますが、これはこの世に生きている間の名前でもあります。死んだ後にはまた別に自分の名前がつけられることになり「戒名」と呼ばれます。

位牌というのは、この戒名が書かれた木の札となりますが、四十九日までの喪が明けるまでは白木で作られたものを使用します。その後、仏壇に置くための黒塗りの本位牌に変えることになります。名前が書かれた札である以上に、それが故人であるかのように大切に扱われるものでもあるので、準備や取り扱いは慎重におこなう必要があります。

永代供養は近年人気のシステム

永代供養は、故人の遺骨を埋葬するお墓の供養方法となり、永代にわたってそのお寺や施設で管理してもらえるというシステムになります。他の人と一緒に一つのお墓に入ることとなり、他の遺骨とも触れてしまうような形で埋葬されることもありますが、一人ごとの遺骨を骨壺に入れた状態で埋葬ができるというお寺もあります。

家のお墓を新しく購入するとなると高額な費用が必要となり、そのお墓を管理したり供養をするという必要も出てきます。しかし、これらのことを残された遺族でおこなうことができないという事情がある場合、永代供養という方法は永代にわたって供養をしてもらえるので、安心して任せることができます。供養の回数はお寺によっても違ってきますが、年間行事として定期的におこなわれたり毎朝おこなわれるというところもあります。

永代供養墓の場合の位牌の取り扱いはさまざま

永代供養の利用は、すでに家のお墓があってそこからの移動というケースもありますが、もともと父親が長男ではないので自分のお墓がないために最初から利用するというケースもあります。最初からお墓がないというのであれば、自宅に位牌もないことになります。また、宗教によってはそもそも用意しないというケースもあります。しかし、自宅にある場合には永代供養墓にするタイミングで一緒にお願いするといいでしょう。

お墓は死者の体のある場所ですが、その魂はお墓にはなく位牌にあるとされています。永代供養にする理由はさまざまですが、もしも今後の遺族が管理していけないという理由であれば、このタイミングで一緒に位牌の供養もお願いしておけば、残された人が後から困ることもありません。

迷っている場合には、一時預かりというシステムを用意しているお寺もあります。契約期間は数か月から数年などお寺によってもさまざまですが、その後にお炊きあげをして正しく供養してもらうことができるので安心です。

 

さまざまな事情によって永代供養を選ぶ家庭は近年増えていますが、そのシステムはお寺によっても違います。故人に安心して眠ってもらえるような供養ができるよう、しっかりと内容を理解することから始めますが、位牌をどうするのかという問題も考えておかなければなりません。

一般的には、永代供養と一緒に供養を頼むことができるのですが、船橋でもお寺によって費用や方法が違うため、しっかりとお寺のスタッフと打ち合わせをして家族みんなに理解をしてもらってから決める必要があります。