船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

永代供養のメリットとデメリットは何?

    

最近は、お墓に対する価値観の変化や、お墓の後継者がいないなどの問題により永代供養という方法が注目されています。関心を持っている方も多いと言えますが、まずはその特徴やメリット・デメリットを知っておく必要があるでしょう。

 

 

 

 

その特徴や最近よく選ばれている理由

そもそも永代供養というのは、お骨を寺院や霊園で管理・供養してもらうという供養方法のことを指します。その種類には、それぞれにお墓を建てる「個人墓」と、納骨を個別に出来る「集合墓」、そしてお骨を他の方と同じところに納める「合祀墓」の主に3つがあります。とくに合祀墓は、お墓を建てる必要がないため最も費用が安価で済むという特徴があると言えるでしょう。

また、この供養方法が最近よく選ばれる理由としては、お墓の後継者がいないという場合をはじめ、宗派などが違うため同じお墓に入れないといった場合や、一般的なお墓へのこだわりがないといった場合などが挙げられるでしょう。

 後継者がいないという問題を解消出来る

メリットとしてはまず、お墓の後継者がいない場合でも利用出来るということが挙げられます。この供養方法を利用すると、寺院や霊園が責任を持って供養してくれるため、誰もお参りに来ないような場合でも無縁仏になることはありません。それに生前に自分で申し込みや費用の支払いを行うことが可能なので、死後に遺族へ迷惑をかけることがないという利点もあると言えるでしょう。

次に挙げられるのは、宗派などに関係なく利用出来る場合が多いということです。一般のお墓は、宗派などの条件が設けられている場合も多く、どこでもお墓を建てられるわけではありませんが、こちらの供養方法であれば宗派に関係なく申し込めるケースが多いと言えるでしょう。そして中にはキリスト教や無宗教でも受け入れが可能な場合もあると言われています。

さらに挙げられるのは、一般的なお墓と比べると費用が安く済むということです。お一人ずつお墓を設ける個人墓タイプの場合は、一般的なお墓とあまり費用が変わらないケースがあると言えますが、集合墓や合祀墓は安く済ませることが出来ると言えるでしょう。そして特に安いのが合祀墓タイプであり、墓石を設置することがないため、2万~100万円程度の費用で済むと言われています。

 周囲の理解を得ておくことが重要

一方デメリットとしては、親族の理解が得られない場合があるということが挙げられます。この供養方法は、従来からある先祖代々のお墓とはかなり違う部分があるため、昔ながらのやり方にこだわりのある方からすると違和感があるという場合も少なくありません。都市部ではあまりこだわらないという方も多いと言えますが、地方ではお墓に対して厳格な考え方を持っている方もまだいるという現状があると言えます。ですので供養方法が問題になる可能性がある場合は、事前に親族へ十分に説明し、理解を得た上で申し込みを行うことが重要だと言えるでしょう。

次に挙げられるのは、後でお骨を取り出すことが出来なくなってしまうということです。この供養方法では、個人墓や集合墓、合祀墓のどのタイプでも、一定期間(三十三回忌など)を過ぎると合祀されてしまいます。ですので、合祀されてしまった後はお骨を個別に取り出すことが出来なくなるため注意が必要になります。特に合祀墓タイプは、最初からお骨が合祀されてしまう場合も多いため、事前に十分な検討を行うことが重要でしょう。

 

永代供養は、寺院などでお骨の管理や供養してもらうとう供養方法であり、後継者がいない場合でも利用出来ることや宗派に関係なく申し込めること、そして費用が安く済むといったメリットがあります。ただしデメリットとしては、親族の理解が得られない場合があることや、合祀後はお骨を取り出せなくなるということが挙げられます。