船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

お墓を撤去して永代供養にする方法を知ろう

    

お墓は、基本的に家族などの身内が管理するものであり、定期的に掃除やお参りをすることが必要です。

しかし最近では、さまざまな事情により管理が難しい場合があるため、お墓を撤去して墓じまいを行い永代供養墓に移すという方も増えていると言われています。

ここでは、そうした墓じまいや、永代供養の方法について分かりやすく紹介します。

 

 

墓じまいにはさまざまな手続きが必要です

まず墓じまいは、お墓を撤去して処分することであり、後継者がいない場合や、場所が遠くてお墓参りができないといった理由で行われることが多いと言えます。

お墓というのは、管理する人がいないと無縁仏という扱いになってしまうため、それを避けるために墓じまいを行い、永代供養墓などへ移すケースが多くみられるのです。

この墓じまいを行うためには、石材店等の業者へ依頼して墓石の撤去などをする必要があるのですが、実際にそれを行うには、事前にさまざまな手続き等が必要になります。

行政手続きとしては、現在お墓を管理している寺院などから「埋葬証明書」そしてご遺骨を移す先である永代供養などの管理者から「受入証明書」を発行してもらう必要があります。

さらに、埋葬証明書と受入証明書がそろったら、最後に「改葬許可申請書」に記入を行って市町村の役所へ提出し、改葬許可証を発行してもらいましょう。

そこまで済んだら、石材店を探して依頼を行い、実際に墓石の撤去作業を行うというのが主な手続きになります。

また、お墓というのは親族が関わっている場合も多いため、事前に親族へ相談を行うことも必要だと言えるでしょう。

 

気になる墓じまいの費用について知っておきましょう

墓じまいをする際に気になるのは費用がいくらかかるのかということですが、墓石の撤去そのものにかかる費用は10万~30万円程度が相場だと言われています。

ただし、お墓のある場所が山奥だったり、機械を動かしにくいような場所である場合は、さらに費用が高くなるケースもあると言えるでしょう。

ですので、事前に業者から見積もりを取り、金額に納得がいった上で実際に依頼するのが重要だと言えます。

そして墓じまいでは、墓石の撤去以外の部分で発生する費用もあり、お布施や離檀料、魂抜きの費用がかかります。

具体的な金額としては、「お布施」は1万~3万円程度で、「離檀料」は3万~10万円程度、そして「魂抜き」は3万円程度かかると言われているのです。

なので、それらを合計すると、7万~16万円程度の費用が必要になるということが言えるため、撤去費用と合わせて用意しておく必要があるでしょう。

 

永代供養にはさまざまなタイプがあります

お墓の撤去が済んだら、次は新しいお墓へ移す必要があるのですが、その際に永代供養が選ばれることが多いということを先ほども紹介しました。

この永代供養というのは、家族などに代わって寺院等がお墓の管理や供養をしてくれるという供養方法のことを指します。

ですが、永代供養と一口に言ってもさまざまなタイプがあるため、墓じまいでご遺骨を移す際は、そのことをよく知っておく必要があります。

永代供養のタイプとしては、他人のご遺骨と合同のお墓に埋葬される「合祀墓」や、屋内の施設にご遺骨を個別に納める「納骨堂」、そして個別のお墓に埋葬される「個別墓」などがあると言えるでしょう。

また合祀墓の場合は、一度埋葬されてしまうとご遺骨を取り出せなくなってしまうため、選ぶ際は、事前に十分な検討が必要です。

費用に関しては、合祀墓が3万~10万円程度と最も安く、納骨堂が10万~100万円程度、そして個別墓が100万~200万円程度になります。

 

お墓を撤去する墓じまいは、石材店に作業を依頼する必要がある他、さまざまな手続きが必要であり、費用は撤去そのものに10万~30万円程度、その他にも7万~16万円程度かかるのが相場です。

そして永代供養にご遺骨を移す場合は、合祀墓や納骨堂、個別墓などのタイプがあることを知っておきましょう。