船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

永代供養の期間はどれぐらい?

    


永代供養というと、永代に渡ってずっと供養してもらえると考えがちですが、実は供養してもらえる年数には基本的に期限があります。ですので契約を行う前に、「永代」とはどれぐらいの期間を指すのかということを知っておくことが重要です。

 

 

 

 

そもそも永代供養とはどんなものなのか

そもそも永代供養というのは、親族の代理として、寺院や霊園などが管理と供養を行ってくれるという供養方法を指します。最近ではお墓を引き継いでくれる後継者がいないケースや、お墓の場所が遠くてお参りに行けないケースも少なくないため、親族の代わりに管理や供養を行ってくれるという供養方法の需要が高まっているのです。

お墓というのは、誰もお参りや管理をしなくなるといずれ無縁仏になってしまい、憐れな状態に置かれてしまうことになります。ですのでお墓の後継者がいない方などは、無縁仏になることを避けるためにこの供養方法を選ぶというケースが多いと言えるでしょう。

実際にどれぐらいの年数に渡って供養されるのか

供養してもらえる年数に関しては、一般的には33回忌までというケースが多いと言えます。ただし契約する寺院や霊園によっては、3回忌までという極めて短い年数の場合や、55回忌までという長い年数の場合もあると言えるでしょう。ちなみにこの33回忌というものには、誰でも死後33年過ぎると罪が解消され、極楽浄土へ行くことが出来るという意味があるとされており、大きな区切りに当たる年数ということが言えます。

ですので、寺院側としてもその33回忌を供養の区切りとしているということが言えますが、それは遺族や親族にとって区切りのいい年数とは必ずしも言えない場合があります。ですので供養してもらえる年数については、よく検討した上で決めることが重要になると言えるでしょう。

また、契約した年数が33回忌などと決まっている場合でも、寺院や霊園自体が閉鎖するなどして無くなると、その後の管理や供養が出来なくなってしまい、無縁仏になるケースもあります。ですので、寺院や霊園が無くなってしまった際にどうするかということも、あらかじめチキンと考えておくということも必要だと言えるでしょう。

契約した年数が過ぎた後はどうなるのか

契約した年数が過ぎた後については、合祀されるのが一般的だと言えます。この合祀というのは、個別に納骨されていた遺骨と一緒にされるということです。なので一般的な先祖代々のお墓とは違って、全く縁のない方の遺骨と一緒にされてしまうため、その点で違和感を持つ方もいるでしょう。

しかしこの供養方法では、場所に限りがあるなどの理由により、最終的に合祀されることは仕方ないものだと言えますし、契約を行う際はその点を割り切って考えることも必要だと言えるでしょう。そして合祀が行われることについても、家族などとよく話し合いを行った上でどうするかを選ぶことが重要になります。

ただし、この供養方法には永代使用が行えるケースもあるため、合祀を避けたい場合はそちらを選ぶことも可能です。永代使用というのは、お墓とその土地の権利の使用料を支払うことによって取得し、その土地を永代に渡り使用することを指します。もちろん永代使用にはそれなりの費用がかかってしまいますが、年数に縛られることなく文字通り永代に渡って供養してもらえるため、最も安心出来る方法だと言えるでしょう。

まとめ

永代供養とは、寺院や霊園などに管理と供養を代理してもらう供養方法であり、無縁仏になることを避けることが出来る供養方法として知られています。しかし供養が行われる年数には期限があり、一般的には33回忌までとされているケースが多いと言えるでしょう。そして期限が過ぎた後に関しては、他の遺骨と一緒にされるという合祀が行われるのが一般的ですが、永代使用の権利を取得することにより文字通り永代に渡って供養してもらうことも可能です。