船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

永代供養の依頼を考えるタイミング

    

 

お葬式の後は四十九日法要までは自宅で供養しますが、それ以降どうするかを考えないといけません。家族で話し合い、お墓を建てるのか、お墓を建てるならどこに建てるのか、管理は誰が行うかなども決めます。家族で管理するのが難しいなら、別の方法も検討しないといけません。

 

 

 

 

サイトからや実際に現地に行って情報を得る

お葬式を終えると火葬を行います。火葬をすると遺骨を骨壺に入れ持ち帰ります。宗派によって異なりますが、多くは四十九日法要と呼ばれる法事があり、その時までは自宅内で供養をします。そして四十九日法要後にお墓などへの埋葬を行います。お墓への埋葬は墓地の確保も必要ですし、墓石の購入、さらに将来的な管理の問題もあります。

自分たちだけで管理が難しいと考えるなら永代供養を選択肢として持っておくと良いかもしれません。依頼するときの流れとして、まずどの寺院のサービスを利用するかを決める必要があります。全ての寺院で行っているわけではなく、地域によっても多いところもあれば少ないところもあります。

お墓に比べるとお参りなどはしやすくなりますが、できればお参りしやすい場所から選ぶと良いでしょう。まずはネットから自宅近くに受け付けてくれるところがあるかをチェックしてみます。そしてその中のいくつかを候補として挙げて実際に見学させてもらいましょう。きちんと管理されている様子が分かれば、利用するかどうかの判断を行います。

申込時に一定の許可や書類を得る

一戸建ての住宅であれば敷地内に庭があるかもしれません。家族が亡くなって供養をするとき、庭に埋葬できたらと考える人がいるかもしれません。今の所、埋葬場所は自由に決められません。寺社やその他墓地として決められているところで行うことになっています。では墓地などを持っていれば自由に行えるかですが、それも簡単には行えません。

人が亡くなるとき、お墓に埋葬する時にはいろいろな手続きが必要になり、そのための書類などをそろえる必要があります。永代供養を依頼するときの流れとしては、埋葬許可証が無ければいけません。先ず亡くなると役所に死亡に関する届を出します。その時に火葬許可証を取り、火葬の手手続きをします。火葬が終わると火葬許可書に終了した旨が記録され、それが埋葬許可証になるケースが多いでしょう。

ですから新たに埋葬許可証を取るわけではありません。新たに依頼する時にも必要ですし、墓じまいをしてその次に埋葬するときにも必要になります。ですから書類は保管しておく必要があります。埋葬したからと言って捨ててはいけません。

それぞれの施設で用意されたサービスを選択

家族が亡くなってお墓などを建てた時、それ以降は家族がその墓の管理をしていきます。定期的に墓地を訪れてお参りをしたり、掃除をしたりする必要があります。近くなら頻繁に行くこともできるでしょうが、遠方になるとなかなか行けないときもあります。近くでも忙しければなかなかいけません。

永代供養であれば、寺社などが管理をしてくれるので安心できます。依頼するときの流れとして、どんな方法を利用するかの選択があります。まずは寺社内にお墓を建てる方法があります。墓地と管理のための費用として一定の金額がかかってきます。あまりお金をかけられないのであれば合祀埋葬が選択できるかもしれません。

こちらであればお墓を建てるよりも安く利用できるケースが多くなります。海洋散骨を行ったときにも将来的な供養として行ってもらえる方法もあります。故人が生前に海洋散骨を希望していたときにはこちらを利用すると良いでしょう。海洋散骨は勝手に海に遺骨を持って行って行えるわけではないので、正式な手順を踏むようにしましょう。

 

寺社の中には、埋葬に関するいろいろなサービスを行ってくれるところがあります。菩提寺でなくても受け入れてくれるところもあるので、まずは利用できる寺社を探す必要があります。利用時には埋葬許可証が必要になります。