船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

永代供養って何?普通のお墓と違うの?

    

永代供養と普通のお墓との違い一般的なお墓は、もしもお墓を管理するべき継承者がいなくなったり、経済的な理由や遠方への引越しなどによりお墓の管理ができなくなると無縁仏となることがあります。

最近は、現代社会の流れとして少子化や高齢化、核家族化によりお墓への関心も減り、家墓を守るという価値観自体が希薄化してきています。それゆえに、無縁仏となることが増えているようです。

お墓は、お寺の中の土地を購入しているわけではなく、暮石を置くための権利を得るために使用料を払っていうのです。ですので、無縁仏となったお墓は、手続きなどを経てから更地にされます。

遺骨に関しては、お寺にある合祀墓へ埋葬されるのが流れになります。このような無縁仏が増加しているため、対策として永代供養の人気が比例して増加してきています。

永代供養は供養の一つの形・2つのタイプがある安置方法

永代供養は、お墓の一つの形で、子や孫がなく墓地継承者が途絶えてしまったり、墓地や納骨堂の継承者がいなくなってしまった場合に、寺院が継承者の代わりに供養などを一定期間、行なってくれる契約のことをいいます。

また、費用に関しても最初に支払ってしまえば管理費やお布施などの支払いはありません。もともと、子や孫にお墓自体を継承させるものではないため、檀家になるようなこともありません。子孫に負担をかけるような制度ないため、人気がでているのです。

この永代供養の納骨方法は、遺骨を骨壷に入れて個別に供養する分骨型と複数の遺骨を合同で供養する合祀型になります。分骨型は普通のお墓と同じように個別に納骨堂などに安置して、契約の期間が過ぎると合祀することになります。

中には、遺骨の一部だけを残しておきその他の遺骨は合祀することもできます。合祀型は、初めから他の遺骨などとまとめて安置する方法です。一般的に、合祀型の費用は分骨型の費用の半分から1/3程度で済みます。しかし、合祀型は一度納骨してしまうと改葬することができませんので注意が必要になります。

永代供養を行うためにするべきこと

永代供養を申し込むにはいわゆる墓じまいが必要になります。墓じまいは、単純に暮石や遺骨を撤収させれば良いというわけではありません。意外とここでトラブルになることもあるので、墓じまいには注意が必要です。

一般的には、まずお墓のあるお寺や霊園に連絡をして墓じまいをする旨を伝えましょう。その際に、撤収に際して費用が発生するかなどを確認することが重要です。中には、お墓を撤収するのに何百万円という費用が発生することもあるのです。連絡をした後には、暮石を処分する業者を選定します。ここも、霊園やお寺が指定する業者がある場合もあります。初めの連絡の時点で確認しておきましょう。

あとあと、業者がブッキングしてしまうなどトラブルにもなりかねません。遺骨の取り出しや工事の日程を決めたら、当日に遺骨の取り出しと閉眼供養を行なってもらいます。墓じまいは、これで終わりではありません。

お墓のあった土地は、お寺や霊園から借りていた土地になりますのできちんと更地に戻す必要があります。墓じまいを行なってくれる業者であればきちんと更地へ戻してくれますので、業者との契約の際に確認しておきましょう。

ここまで行えば、墓じまいの作業は終了となります。なんとなく、流れは理解できたと思います。でも、この流れどんなに早くても1ヶ月はかかるのです。通常でも1年〜3年かかる作業です。

永代供養を検討している場合には、早めに準備にとりかかることがおすすめです。永代供養を検討する場合、家族や親戚とのトラブルにもならないように慎重に準備をすすめるようにしましょう。そして、永代供養を行う時にはみんなが集まることができるような場所を選ぶといいでしょう。

船橋の永代供養を行なっている霊園やお寺は、駅から近かったり幹線道路から近いなど便利なところが多いので検討してみると良いでしょう。