船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

墓じまいとは?

    

墓じまいとは?

 

多様化する現代社会において、住む場所をライフステージに合わせて移り変わる人がいます。
その際気になるのがお墓の対処で、中には遠い引越し先から元のお墓に通っている人も少なくありません。
しかし高齢になればそれも難しくなり、なんとかしたいと考える人もいます。
そんな人におすすめな方法として挙げられるのが墓じまいです。

 

墓じまいとは一体なにかを知っておく

墓じまいとは、簡単に言ってしまえば今あるお墓を片付け、敷地をお寺などに返すことをいいます。
どうしても遠方のお墓の場合、通うことが年々難しくなり、そのまま放置して無縁仏になってしまうことも少なくありません。
しかし墓じまいを行い、遺骨の引っ越しを行うことで、それらの問題が解決することもあります。
ただし当然ながら遺骨を移動させる場合、新たな墓石の購入などが必要になることもあります。
まずは墓じまいを行う前にそれらの手続きの流れを事前に確認しておく事が重要です。

 

墓じまいの流れについて知っておきたいポイント

①墓じまいを行う流れとしてまずしなければならないのが、管理者への届け出です。
いくら親族の遺骨だとしても管理している人がいる以上、その人達や行政などに届け出が必要となります。
この際に墓じまいの流れについて管理者などから説明してくれる場合がほとんどで、管理者によって必要な手続きや期間が異なる場合もあるため、事前に確認しておいた流れと違うポイントは念の為チェックしておくのも良いでしょう。
既に現存する墓地へ改葬する場合は改葬許可証、新たな墓地へ移動させる場合は先方からの受入証明などの書類が必要となります。
②次に受入先の墓地が決まったら、お墓から遺骨を取り出す儀式、閉眼供養が必要となります。
宗教や宗派によって行う儀式は異なりますが、基本的に墓石を動かして遺骨を取り出さなければならないため、個人では行うことが難しく、石材店等に依頼が必要となります。
それぞれの業者ごとにスケジュールの調整などが必要となるため、管理者と石材店担当者、僧侶等と顔を合わせて打ち合わせを行うのも一つの手です。
③それが終われば墓石の解体作業を行います。
ただし契約内容によっては更地にして返還を行うこともあれば、管理者側で業者に依頼するため後日請求金額を支払う方法などがあります。
特に前者の場合は撤去作業の日程調整が必要となるだけでなく、大きな費用が必要となることもあるため、予め管理者に相談し、石材店などに見積もりを依頼しておくことをおすすめします。
これで墓じまいの手続きは終わりになりますが、実はこの他にも注意しておかねばならないポイントがあります。

 

墓じまいを行う際の注意点あれこれ

墓じまいを行う際の注意点として最も大きいのが費用に関する点です。
遺骨を移動させる際や墓石の撤去を行う際は言うに及ばず、それぞれの手続や証明書を発行してもらったときの手数料、閉眼供養や遺骨の受入の際の法要時のお布施といったように、石材店の見積もりだけではわからない様々な費用が必要となります。
最も大きいのが石材店への支払いとはいえ、それぞれが積み重なると予想外の大きな金額を支払うことに繋がりかねません。
基本的には50万円から100万円程度の費用が必要となるため注意が必要です。
次に挙げられるのが親族との関係です。
自身だけがお墓の管理をするのであれば問題ありませんが、他の親族等から墓じまいをすることによって不満がでることもあります。
それらのすり合わせを入念に行い、できる限り不満がでないように墓じまいをすることで、先代たちも安心してお墓で眠ることができるでしょう。

〇まとめ
このように墓じまいを検討する際はまず事前の流れを知り、実際に依頼する場合との差異をチェック、かかる費用や注意点などはしっかりクリアできているかを考えておかねばなりません。
いざ墓じまいを行う際に躓かないためにも、しっかり押さえておくことをおすすめします。