船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

千葉県船橋、市川永代供養、現代でも行われている?

    

船橋、市川、永代供養、現代でも行われているか

 

 

市川永代供養とは、千葉県内で昔から利用されているお寺の永代供養を総称した造語です。「現代でも市川永代供養が行われているか?」、その答えはYESであり、「本光寺」や「高倉寺」など伝統的なお寺が今でも利用されています。

 

 

船橋や市川で永代供養ができるお寺

市川に住んでいる人でも、永代供養を「市川永代供養」と表現する人はかなり少ないでしょう。先祖代々、市川で伝統的なお寺を利用し続けている家庭なら、親しみや尊敬の念を込めて「市川永代供養」と呼ぶこともあると思いますが、一般的には少数派だと思います。

千葉県には永代供養ができるお寺やお墓が約70件ほどあります。その中には、現代的な埋葬方法として注目されている「樹木葬」も含まれますが、非常に多くの永代供養を見つけることができます。

永代供養の選び方は大衆向けとなる基準がなく、「何を重視するのか?」によって選び方が大きく変わります。永代供養はその施設において納骨方法や供養回数などに違いがあり、費用についても同様です。一般的には、そもそも永代供養を選ぶ理由が「費用の安さ」というケースが多いため、10万円など低コストで利用できる施設が人気です。

また、費用が安い施設においても、やっぱり管理や供養が丁寧であるほど利用者にとっては有り難いです。その意味において、低コスト且つ伝統と信頼も得ることができる「市川永代供養」というのは、誰にとっても1つの候補となり得ることは間違いないでしょう。

市川永代供養は10万円でも利用可能

永代供養の相場は10万円~100万円という非常に値幅の広い状況です。それだけ、各施設による価格差が激しい現状があるため、しっかりと予算を決めなければなかなか利用先を決めることができません。

市川永代供養は安い価格帯で10万円前後から利用できます。高蔵寺では10万円が最低価格、大徳寺も同様に10万円が最低価格、本光寺も同じく10万円が最低価格です。

千葉県の樹木葬園として人気が高いところでは、梨香の郷霊園が25万円~、クリプタ行徳セントソフィアが30万円~など、最低価格が30万円~40万円ほどが相場です。

この現状を考えると、「市川永代供養」は下限相場が10万円と安い設定であり、さらにはお寺の歴史から安心して永代供養を任せられるというメリットを得やすいため、千葉県で永代供養を選ぶなら最適な候補となりやすいです。永代供養選びで迷った時は、歴史あるお寺を軸にしながら比較検討してみてはいかがでしょうか?

市川永代供養の良さとは?

どんなお寺やお墓でも、永代供養墓というのは魂が眠る神聖な場所という概念は共通しています。清掃は叱り、綺麗な状態を保つことに努力されていて、霊園の作りも素敵な空間になっているところが殆どです。

永代供養の内容や価格という点以外において、市川永代供養の良さというのはお寺の存在にあります。お寺は僧侶が修行するための場所であり、各宗派が独自の思想を広めることが大筋の役割です。一般的には神頼みや心を清めるなど、お参りをするための場所として認知されています。

市川永代供養を利用すると、お墓参りへ行った時にお寺に触れる機会を持てることが魅力的でもあります。永代供養では、個々がお墓を持つわけではないのでお墓参りができないと思っている人もいますが、それは間違った認識です。

永代供養の納骨方法は個別スペースを利用できるところがありますし、合葬の場合もそこには家族が眠っていることには変わりないため、お墓参りは可能です。最初は個人スペース、一定期間後に合葬という永代供養墓もあり、この辺りは施設によって様々な形態があることを覚えておきましょう。