船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

永代供養のお参りに行く際の服装は?

    

現在、永代供養を選ぶ人が増えていますが、実は詳しくは分からないと言われる事も少なくありません。

その一つが服装に関する事で、お参りに行く時に一体何を着て行けば良いのかということです。

そもそも永代供養なのでそれ程気を使う事無く普段着で行っても良いと考える人もいれば、やはりお参りだからこそしっかりとした服装にしておくべきだと考える人もいます。

では実際には一体どういった装いでその場に行くと良いのでしょうか。

永代供養はどういった供養の方法の事か

元々は子孫がずっと祖先を供養する事を指す言葉でしたが、現在では寺院が共同墓地などを用意し、そこを管理して行う供養の方法の事を指すようになってきています。

そのため、一般のお墓とは違い、共同墓地となっている事も少なくありません。

だから、故人を含めて親族だけが納骨されているのではなく、他の家の人も一緒に供養されている場合が多くなっています。

しかしお墓の管理を個人で行う必要はなく、お寺の方で全て管理してもらう事が出来ます。

だから、遺族が遠い所に住んでいたとしても、お墓の管理が出来なくなってしまうと心配する必要もありません。

勿論定期的に法要をする必要もないので、経済的な負担というのもかなり軽減されるメリットもあります。

法要の際は喪服などを着用するのがマナー

共同墓地と言うことで他の人も一緒に祀られている状態にはなっていますが、法要を執り行う場合は通常の個人の墓地の場合と同じ様に喪服を着用すると言うのがマナーとなっています。

ただ、一般的な法要でも正式な喪服でなければならないとは限らず、実際には略式喪服でも良いとされる事も少なくありません。

ただ、派手目のアクセサリーなどを身に着けておく事はやありあまり好ましいとはされない為、できるだけシンプルな服装にし、あまり華美にならないように心掛けます。

また、親族だけでなく一般の参列者がいる場合は、一般参列者よりも格式が下の服装をすると言うのは相手に対しても非常に失礼な事になってしまいます。

したがって、この場合は正式な喪服などを着用するようにします。

日常的なお参りをする場合は何を着るのか

永代供養だからと言って、ずっと放置しておかなければならないと言う訳ではなく、一般的な墓地と同じ様にお参りに行く事も十分可能です。

ではその際は何を着て行くべきかというと、一般的には黒等の地味な服を着用すると言うのがルールとなっています。

やはり、あまり派手すぎるのはその場の雰囲気にも合わないと言われてしまうことも少なくないからです。

ただ利用しているお寺が観光地になっている様な所の場合は、黒い服にこだわる必要もありません。

あまり派手すぎないと言う事を心掛ければ、黒以外の色の服を着たとしても問題視される事は全くないからです。

まとめ

永代供養を行った場合、お参りに行く際は一体何を着用すれば良いか分からないと言う事は決して少なくありません。

ただ、一般的な供養の方法とは違い管理をお寺にお任せしてはいますが、供養には違いありません。

だから、お参りに行く際はなるべく地味な感じの服を心掛けるようにします。

そうすることで、その場の雰囲気にも合っているからです。

ただ、そのお寺の雰囲気によっても着ていくべき物が変わってくる事もあるので、まずは周りの人がどのような感じの服装になっているかを調べるようにします。

また、喪服であれば絶対に問題が無いと言う訳ではなく、永代供養の場合は喪服だからこそ浮いてしまうと言う事もあるので、その点には充分注意するようにしましょう。

まずは亡くなった人に対する心配り、そしてお墓を管理してくれているお寺への配慮、そして一緒にお参りに行く人に対する気遣いなどで何を着て行くか考える事をおすすめします。