船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

船橋永代供養の相場は?

    

船橋の永代供養相場永代供養がついているお墓の場合には一般的なお墓を購入する場合と比べると、費用はかなり抑えることができるといわれてます。

費用はどのように埋葬するかということでも変わってきますが、最初から合祀墓にするという場合には他の人と共同のお墓になっているので、墓石台というのはかからないのでその分使用料も安くなり、相場としては3万~10万円くらいになり、そのあとの管理費用・追加費用などというのはかからないことが多くなっているので、経済的な負担も少ないのでいいかもしれません。

納骨堂の場合にはどのような種類・安置期間がどのくらいかでも変わってきますが、10万~100万円前後が多くなっていますが、立地条件・施設設備・駅近・便利性が高い(24時間参拝ができるなど)という場合には120万~200万円くらいかかるかもしれません。

また、永代供養費用のほかに霊園を維持するために、追加で管理費(保守・修繕・清掃など)がかかるということもあります。

もし、承継者がいなくなってしまったという場合、維持管理費の支払いができず、滞ったしまったという場合には、ある一定期間だけ個別に安置されてから、そのあとに他の型と共同のお墓(合祀墓)に入るということになります。合祀墓に入った場合には管理費がかからないということも多くなっていますが、別途支払いをするという場合もあるので注意をしたほうがいいかもしれません。

墓タイプでの費用相場

・単独墓

永代供養費として40万円くらいいなり、その他に墓石代になり、お墓は個別になっていて、使用期間は33回忌までになっていて、33回忌を過ぎると墓石を撤去されて、骨は共同の納骨室に移動されてしまいます。

・集合墓

永代供養費として20万円くらいになり、墓誌刻字料として3万円が必要になり、単独墓と同様に使用期間は33回忌まで、それ以降は共同の納骨室に移動されてしまいます。

・合祀墓

永代供養費として10万円くらいになり、墓誌刻字料として3万円が必要になり、使用期間は単独墓・集合墓と同じ33回忌までです。

納骨堂の種類での費用相場

・ロッカー式

ロッカーの大きさは同じになり、費用は10万円からとなっているので、比較的利用しやすくなっていますが、デザインは素敵なものもあります。

・仏壇式

仏壇式の場合には1人当たり30万円が目安になっていますが、30万~100万円以上というところもありますが、ロッカー式に比べるとスペースは広くなっていて、2人以上埋葬することができるようになっています。

2人の場合には80万円・4人の場合は100万円くらいになり、1人専用では利用できないというところもあります。

・墓石式

墓石式の場合には1人当たりの費用は100万円くらいになりますが、他のタイプに比べると高いですが、しっかりとした収納スペースがあるのでいいかもしれません。

船橋で永代供養をする場合の埋葬方法

永代供養というのはお墓参りをするのが難しいという人たちに変わって、お寺・霊園などの施設が管理・供養してくれる埋葬方法になり、その形式というのは屋外型(野外型)・屋内型があります。

・屋外型(野外型)

屋外の場合には主に合祀型・納骨壇型・納骨塔型などになり、合祀型というのは前方後円・墳丘の形になっていることが多く、ここに骨をすべて集めて埋葬します。

納骨壇型というのは故人別にして骨を施設に埋葬する方法、納骨塔型というのは塔の地下に骨を埋葬するという方法です。

・屋内型

屋内の場合には一般的には霊廟型・ロッカー型などになり、霊廟型というのは故人の仏壇があるので、その下に骨が埋葬されているので、見た目は一般的なお墓と変わらないイメージになります。

ロッカー型というのは同じ形をした壇がたくさんあって、その中に個別で故人のお壇があるので、骨も個別に埋葬ができます。
その他にもタッチパネルでお墓を登場させることができる機械型、位牌だけという位牌型があります。