船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

市川永代供養の相場は?実際にどれくらい永代供養にかかるの?

    

市川永代供養の相場永代供養の相場は本当にピンキリであり、10万円~100万円が大きな範囲、一般的な金額では30万円~50万円ほどが多いと言われています。永代供養というのは国内においてその形式が統一されているわけではなく、永代供養の費用はお寺やお墓によって独自設定されています。

そのため、費用については利用先によって大きく変わってくることを覚えておき、自分でいくつかの候補を見つけながらも費用を比較する以外に妥当な価格の永代供養を見つけることができません。

永代供養の妥当な価格はいくらなのかということは、とても気になるポイントですが、これを考える上で永代供養の内容が大きく関係してきます。そもそも、永代供養はお寺やお墓に遺骨の管理や供養を任せるサービスなので、永代供養の内容にこだわりを持たない人もいます。

一方、自分でお墓を管理するわけではないとはいえ、大切な家族に少しでも良い環境で眠ってもらいたいと考える人もいます。永代供養の妥当価格は自分が永代供養に対してどこまでこだわりがあるのかによっても、相場の範囲が変わってくると言えます。

同園内においても価格はピンキリ

市川永代供養といえば、1400年の歴史を持つ「高倉観音・高蔵寺」が有名です。このお寺は永代供養墓があり、宗教不問で樹木葬にも対応しています。

高蔵寺の永代供養墓「やすらぎ」は10万円~33万円で利用することができます。合祀が10万円、3回忌が16万5000円、13回忌が22万円、33回忌が33万円という価格設定になっています。

高蔵寺にはやすらぎ以外にも「やすらぎ五輪塔(永代供養付き)」や「鎌足桜の風(樹木葬)」という園もあります。「やすらぎ五輪塔」は66万円~121万円、「鎌足桜の風」は19万8000円~118万8000円です。

このように高蔵寺だけでも永代供養の価格はピンキリです。これを市川市に絞って考えた場合、あるいは千葉県として価格を想定した場合にもっと相場がピンキリになるのは言わずもがなです。

ポイントになるのは予算である

結局、永代供養を探していく中で最大のポイントになるのは予算です。いくらでも予算を掛けられるなら費用を気にする必要はありませんが、永代供養のために100万円を超える費用を簡単に出せる人は少ないと思います。

まず、最初に自分の予算をしっかりと考えましょう。これは予算なので、今の収入や生活の状況から目先として出費が可能な金額を計算すれば良いです。永代供養の予算を考える時に、理想を追求し過ぎないことが大切です。死者に対する考え方や宗教的な理念というのはその人の中にしか答えがないため、「借金をしてまで永代供養にお金を掛ける必要はない」と言い切ることは難しいです。

しかし、自分の生活を犠牲にし過ぎることが最善とも言い難いものがあるため、現実的な範囲から予算を考えたいところです。さて、予算をある程度組むことができれば、その後は自然と永代供養の候補が見つかると思います。予算が10万円~30万円くらいなら、上記で紹介した高蔵寺の「やすらぎ」の相場にマッチするため、長年の歴史を勘案しても永代供養の良い候補となりますね。

また、「やすらぎってどんな環境なんだろう?」と気になるのであれば、高蔵寺を見学することで疑問を解決しながら判断できるようになります。

どんな永代供養墓を選ぶにしても、ある程度候補が絞られてきたら一度は見学をしておくのがオススメです。実際に納骨される環境を見ることで考えが変わることがありますし、管理者の話を聞くことによって納得できる部分もたくさん出てくると思います。永代供養は価格が安くても10万円前後が相場なので、納得できる買い物をするためにもじっくりと検討しておきましょう。