船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

永代供養にかかる費用はいくら位が相場?

    

永代供養にかかる費用の相場

 

近年、お墓じまいをして永代供養へと移る人が増えています。そこには、子や孫などのお墓の継承者がいないことや、管理者自体が高齢となりお墓の管理ができなくなったりするために永代供養にする人が多いようです。

また、費用がかかるお墓の管理を、子や孫に継がせることに引け目を感じる人も多いようです。では、お墓を新たに作るときの費用や管理費用と永代供養にかかる費用を比較してみていきましょう。

 

お墓に比べて費用は安いのか?

まず、一般的なお墓は永代使用料といって墓地を永代にわたって使用する権利を買うことになります。また、初期費用としては暮石を立てるために費用がかかってきます。これらの費用は船橋などで大体、120万円〜200万円と言われています。

そこに、継続的な管理料が発生したり、檀家になる必要があるため入壇料や護持会費がかかります。お墓を作ろうとすると、なかなか簡単にはできないのです。

それに比べて、永代供養は共同墓地になりますので個別の暮石代はかからず0円です。そして、墓地の使用料は、みんなで使用するのでかなり安くなります。一般的に、永代供養の使用料は管理年数によりますが3万円〜100万円程度です。ここには、墓地使用料や納骨料、刻字料が含まれています。ここに管理料などを含めれば、それ以降はお布施や管理費などの費用は発生しません。

ただし、生前に申し込みをする場合は年会費や護持会費などの実際に使用するまでの管理費のようなものが必要となってくることもあります。

永代供養の費用一式と継続的に必要になる費用

永代供養料は、永代に渡って供養してもらえる権利で、定期的な供養と合同の供養祭などを行なってくれます。ここには、法要のお布施が含まれているところともありますし、個別法要は別料金となっているところがあります。特に、一周忌や三回忌など必ずやらなくても良い法要に関しては、個別で行うことになりますので別料金になることがほとんどです。

個別の法要には、お布施と会場の使用料がかかります。さらに、墓誌や過去帳の記載に必要な刻字料ですが、これも大抵は含まれています。ここからは、そのお寺や霊園によって異なってくる料金です。お寺などが行なっている永代供養の場合には、檀家になることが条件となっていることがあります。

そうなると、一般的なお墓と同様に檀家料や護持費が発生することがあるのです。

納骨堂を利用する場合の永代供養の費用

お寺や霊園でなく納骨堂を利用する永代供養の場合も費用が異なります。納骨堂で一般的なのは、合葬墓や合祀墓と呼ばれるタイプになります。遺骨を他の人と一緒に安置するものですが永代供養の中でも費用が一番安くなっており人気が上がってきているプランです。

一番安いものですと3万円代でシンプルな永代供養を行なってもらえます。これは、かなりの破格ですが一般的に見てもロッカー式で10万円程度、仏壇式と呼ばれる納骨スペースの上に位牌などを置ける参拝に適したものは30万円〜100万円程となっています。

価格が高めなのは機械式と呼ばれるもので、自動で参拝場所に遺骨が搬送されてくるタイプのものです。こちらは50万円〜100万円となっていますが、それでもお墓をたてるよりは安くなっています。

中には、ゆうパックを使用して遺骨を送り永代供養を行なってもらう送骨というサービスも、船橋や市川の寺院で受け付けているところがあります。

先述のように、永代供養と一般的なお墓ではかなり価格が異なってきます。お墓の場合は、子や孫にまで定期的な費用負担がかかることになるため、その負担軽減のために永代供養の人気が上がっているのです。将来のことを考え、費用の安い永代供養を検討してみてはどうでしょう。