船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

永代供養と永代使用の違いはどういうところ?

    

永代供養墓とはお墓の継承者がいなくてもお寺や霊園が永代に供養を行ってくれる墓のことで、家族が少なくなった最近の日本では利用者が多くなっています。そして、特に船橋ではアクセスしやすく、メリットの多いこの種の墓を選びやすいと言うことができます。ただ、永代供養永代使用とは違うのでここではその違いを含めて、この種のお墓の特徴についてご紹介していきます。

 

 

 

永代の供養を安心して依頼しやすいお墓です

この種のお墓では預かった遺骨をお寺や霊園が永代に渡って管理してくれるので、無縁墓になってしまう危険性がありません。また、最近では子供がいても自分の墓に関する負担をかけたくないと思う人や、転勤などで住居が変わった場合に墓を訪れにくく感じる人が多くなったということもあります。

このように現代の人々の考え方やライフスタイルは以前とかなり変わってきており、そんな人達に適したお墓としてこの種の墓をお勧めすることができます。そしてこのような墓では使用料と供養料という言い方がありますが、使用料とはお墓の土地を永代に渡って使用する費用のことであり、供養料とは遺骨を永代に供養するための費用のことを指します。そして、供養料として支払うような場合では納骨してすぐになるか、数十年後になるかの違いがあっても、遺骨は最終的には合祀の形になります。よって、使用料として費用を払う場合はその一族がずっとその墓を自分達一家の墓とすることが可能ですが、無縁仏になる可能性がある場合には供養料の方を選ぶ方が無難とも言えます。

 こんな利点があると考えられます

この種のお墓を利用することのメリットとしては、子供や子孫の存在や負担などを考える必要がないということだけでなく、費用が安いということも挙げられます。このようなお墓では一般の場合と違って個別の墓石を使用することがないのでその費用がいらない上に、合祀となるので管理費なども最初に払う費用だけで良い場合が多く、色々と考えたり負担したりする必要が少ないと言えます。

ただ、この種のお墓では、それを管理する霊園やお墓によってはそこの宗教でなくてはならないところや毎年管理費を払わなくてはならないところ、さらに高額なところもあるので、いろいろなお墓をチェックしたり実際に見学したりして、自分に合ったところを選ぶようにすることが必要です。

 船橋で選ぶ場合に考えた方が良いこと

船橋にはこの種のタイプのお墓がたくさんあります。そして、駅の近くでアクセスがしやすかったり、僧侶がいつもいてくれて手厚い供養が可能なところなど、メリットのあるところを選びやすいと言えます。また、この地域ではたくさんの観光客が訪れるような観光地があったり、森林などの魅力的な風景が楽しめるところもあるので、そのようなところを候補に入れてみるのも良いでしょう。なお費用に関しては、低価格で年間管理費や維持費などが全くいらないお墓や、少し高い金額ではあってもそれだけの魅力があるようなお墓などもあります。

さらにこの地域では美しいステンドグラスを使うなど、個性的な魅力のあるお墓を探すことも可能です。船橋の場合にはこのように色々なメリットを持つお墓が多いので、それぞれのところの情報をできるだけたくさん入手して比較対照した上で選ぶようにすることをお勧めします。またお墓の場合には実際に選ぶ前に自分でそのお墓に行ってみて、どんなところなのか、また線香やお花などが使えるかというようなことも調べてみた方が良いでしょう。

 

永代供養墓は霊園やお寺が遺骨の供養を永代に渡って行うお墓であり、最近の多くの人達のライフサイズに合ったものなので、利用者が増えています。そしてこの種のお墓では使用料と供養料という言い方がありますが、前者はお墓の土地を永代に渡って使用する費用のことであり、後者は霊園やお寺が遺骨を最終的には合祀して永代に渡って供養する料金のことを言います。

また、この種のお墓のメリットとしては、子孫の有無や負担などを考えなくて良いということや一般のお墓より安い費用が可能であるということなどが挙げられます。船橋の場合にはアクセスがしやすかったり、風景や造りが美しいなど色々な魅力のあるところが多いので、それらの中から選ぶ場合には、複数のお墓の情報を集めてそれらを比較対照した上で自分の希望に合ったところを探すようにすると良いでしょう。