船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

伝統のあるお寺が手掛ける市川・船橋の永代供養墓

    

伝統あるお寺の永代供養墓

 

 

市川・船橋の永代供養墓は伝統のあるお寺がオススメです。歴史の深いお寺では、永代供養の施法に安心感を感じることができますし、実はお寺の永代供養は他の霊園に比べると料金が安いという特徴もあります。

 

 

市川・船橋にはどのような伝統寺があるのか?

■ 高蔵寺(木更津市):宗教不問で永代供養が可能
■ 本光寺(市川市):宗教不問で永代供養が可能
■ 大徳寺(市川市):宗教不問で永代供養が可能
■ 日蓮宗法見寺・北方樹木葬墓地(市川市):宗教不問で永代供養が可能
■ 本将寺・市川大野樹木葬墓地(市川市):宗教不問で永代供養が可能
■ 清水寺・中山樹木葬墓地(市川市):宗教不問で永代供養が可能
■ 長松寺・妙典樹木葬墓地(市川市):宗教不問で永代供養が可能

各お寺の歴史は様々ですが、永代供養が可能なお寺は上記のようなところが有名です。特に「高蔵寺」は千葉県を代表する歴史的なお寺であり、市川市や船橋市からは距離が遠いですが、1つの候補として押さえておきたいお寺です。
船橋市には高蔵寺のように伝統的なお寺における永代供養がありません。

一方、お隣の市川市には本光寺や大徳寺など、様々なお寺があります。船橋市は樹木葬をテーマにしている現代的な永代供養墓が多い傾向があるため、伝統を重んじるなら市川市、現代的な永代供養なら船橋市といった感じでしょうか。ちなみに高蔵寺は木更津市にあるため、市川市や船橋市など東京都と千葉県の県境あたりに住んでいる方にとってはアクセスしづらいのが難です。

しかし、永代供養はお寺に供養等を任せることができるので、定期的にお墓参りをすることが必須でもありません。
年に1度のペースでお参りするなど、自分なりのお参りをすれば良いので遠方のお寺を利用してもさほど気にならないと思います。

一番安い永代供養はどこ?

上記で紹介したお寺の永代供養は、各お寺において値段が異なり、各お寺の区画(園)によっても様々なプランが用意されています。相場の下限値は10万円~40万円ほどが相場なので、予算を考える時の参考にしてください。

■ 高蔵寺(木更津市):10万円~121万円
■ 本光寺(市川市):10万円~210万円
■ 大徳寺(市川市):10万円~90万円
■ 日蓮宗法見寺・北方樹木葬墓地(市川市):35万円~100万円
■ 本将寺・市川大野樹木葬墓地(市川市):35万円~100万円
■ 清水寺・中山樹木葬墓地(市川市):35万円~60万円
■ 長松寺・妙典樹木葬墓地(市川市):45万円~70万円

ちなみに永代供養の費用というのは永代使用料と言います。永代供養墓は遺骨を埋葬(納骨)するためのスペースを借りることになり、その費用を業界用語で永代使用料と呼んでいます。

どんな霊園やお寺を利用する場合も、永代供養は必ず永代使用料が必要となり、これとは別に永大供養料が必要なケースもあります。永代供養料というのはオプション的な側面が強いので、予算を抑えたい方は永代供養料だけで利用することができる永代供養を探してみましょう。

一番のオススメは?

今回のテーマ「伝統のあるお寺」という観点からいうと、市川・船橋あたりで最もオススメなお寺は「高蔵寺」です。
高蔵寺は用明天皇の時代(585年~587年)に設立されたと言われており、約1400年ほどの歴史があります。高倉寺は通称「高倉観音」と呼ばれ、本堂・山門・鐘楼は市の指定文化財となっています。寺院内には様々なスポットがあるので、観光という意味でも見ごたえのあるお寺です。

高蔵寺ではペットの供養や葬儀も対応しており、ペットのための永代供養もあります。1年間本堂で供養した後、その後は共同墓地へ移ります。ペット火葬も対応しているので、火葬から埋葬までお願いすることができます。