船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

永代供養の管理費は誰が負担するの?

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/04/27
    

お墓の永代供養に関して、管理費は誰が負担をしたらいいのかわからないと感じる人は少なくありませんが、事前に調べておくことが大切です。墓地を管理する団体をはじめとしていろいろなところで負担をする人に対して明確に紹介していることが多いため、ネットで調べて参考にしましょう。

葬儀の費用を持つことが多いのは

一般的に葬儀費用に関しては、多くの場合香典で賄うことが多いといわれていますが、家族葬など小規模の葬儀では賄いきれないことも多いです。そのため、賄いきれない場合には亡くなった方の残した財産から支払うことになる場合が大半であることが最近の傾向といえます。

ただし、故人の遺産だけでは賄いきれない場合には、法定相続人が分配してそれぞれ支払うことになっているため、注意してください。葬儀でかかった費用だとしても、宗教や地域の慣習によって出さなければならないだけで、法的には葬儀費用とならない場合もあります。費用を負担する前に、どの程度が葬儀費用として計算されるのか、どの費用は該当しないのかを葬儀会社の見積もりを取り寄せて確認しましょう。

故人が生前に自分の葬儀についてあらかじめ契約していた場合、そのプランで執り行われることになり、費用は故人持ちです。一時的に亡くなった方の財産は凍結してしまうため、喪主や遺族が立て替えておきますが、後日葬儀費用は財産から支払われます。

そのため、葬儀に関しては故人の財産から除外し、それ以外の部分で法定相続人が財産分与を行うことになるのが一般的です。なお、葬儀に関する費用の中には墓地に関しての費用は一切含まれないため、別料金となることを理解しておきましょう。

墓に関する費用は誰が出すのか

永代供養に関する費用をはじめとして、告別式以後の法要に関する費用とを出す人は遺族が分配して出す方法と、祭祀主催者が出す方法に分かれます。遺族が分配して出す場合には、あらかじめ見積もりを取り寄せて計算し、遺族が納得できる形で分配することが必要です。

対して祭祀主催者はあらかじめ亡くなった方が指名して決める方法と、地域の慣習で決める方法、遺族同士の相談、家庭裁判所による指名に分かれます。祭祀主催者は故人の生前に決めておく方法と、遺言状によって決めておく方法に分かれているため、参考にしてください。一般的には故人の指名や地域の慣習で決めることが多くなっていますが、まれに指名して丘なった場合は遺族の相談で決まることが少なくありません。

ただし、遺族の相談で決まらなかった場合には、最終的に家庭裁判所の判断にゆだねる形となるでしょう。祭祀主催者が決まった場合には、墓に関する費用や法事に関する費用はその人が一切負担することになるため、財産分与にも影響が出ることが多いです。管理費などをあらかじめ財産分与で多めにもらっておき、永代供養のための費用に回す形が多くなるといいます。

一度に支払わなければならない費用か

永代供養の費用に関しては、あらかじめ支払っておくことが定番となっており、その場合相場としては20万円から30万円前後です。ただし、この費用の中には管理費が含まれているかどうか、事前に見積もりを取り寄せて確認しておくことが必要となるため、注意してください。施設によっては永代供養の管理費用を毎年振り込みなどによって支払うことになるところも多いため、事前にどのような形で払わなければならないのか、確認しましょう。

 

故人のお墓に関する費用を一切取り仕切るのが、祭祀主催者だといわれていますが、その決め方はそれぞれの家庭によって異なります。個人の指名によって決まる場合と、家庭裁判所の判断によって決められる可能性とに分かれているため、遺族であらかじめ相談しておくとスムーズに決まります。

祭祀主催者が故人の遺産から永代供養に関する費用を大目にもらって起き、支払う形が少なくありませんが、管理費に関しては支払方法が異なることが多いです。永代供養に関する費用を一括で支払ったとしても、管理費に関しては別料金で毎年引き落とされることが少なくないといいます。

イメージ 1
2
3
4
5
会社名 宝成寺 本光寺 釈迦時 船橋昭和浄苑 大念寺 和みの郷霊園
おすすめポイント 400年以上の歴史がある宝成寺 満足度92%の本光寺 日本一美しいと言われるステンドグラスの仏教画がある釈迦寺 緑に溢れていて、景観の良い「船橋昭和浄苑」 バリアフリー設計で快適な環境の大念寺
詳細リンク もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく