船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

永代供養の年間護持費とは何?

    

永代供養してもらえる寺院などが船橋エリアでは支持されています。

お墓の管理を任せることができるので、お墓参りになかなか赴くことのできない家族からは人気のようです。

ですが、寺院によっては年間護持費というのがあるようで、どういった場合に必要なのかチェックしてみましょう。

護持費とは寺院の運営に繋がっている

子供がいない・頼れる親戚もいない、そうした場合にはお墓の管理から維持をすることが正直難しいでしょう。今、船橋エリアには永代供養墓という永久的に供養してもらえるサービスが提供されています。

お墓の継承で悩むにしても、寺院や霊園の住職が代わりを務めるのならば、迷惑もかからず安心できます。そして全国的には、宗派不問の永代供養墓への契約が増えていますが、今でも同じ宗派のみしか契約ができない寺院も少なからずあります。独り身であれば、生前に契約をする必要があり、その宗派の檀家に入ることを条件に供養してもらうところもあるようです。

檀家の話題も出たところで気になることとして、年間護持費という支払いが寺院によっては必要になるようです。大きな意味でいえば運営費ですし、ニュアンスを崩せば年会費や管理費にあたります。檀家に入ると供養してもらう際、手厚い支援が受けられます。それだけ護持費を支払うのですから、優先して法要の対応もしてもらえます。

寺院に属する家や人が支払うお金

一般的にお墓を建てようと思うと、建設費や年間の管理費などによって300万程度は必要になります。しかし永代供養墓は共同墓地ですから80万円程度の費用で済みます。寺院や霊園がお墓の管理をするので、初回の支払い以降は管理費などもかからない場合が多いのは魅力でしょう。

しかし檀家となれば運営を助ける家となり管理に人件費などがかかってきますし、維持というのも必要なのです。永代供養の年間護持費は、そうした費用にも使われています。

永代供養は、遺骨の管理や供養をお願いできるサービスです。一般的に永代供養の使用料は3万円から管理年数によって100万円程度で、檀家でないのならばお布施も不要です。しかし、運営母体によって護持費が発生するのです。船橋エリアにも自治体の公営墓地、宗教法人の民営墓地があります。そして檀家や信徒のために運営する寺院墓地があるのです。

そもそも檀家とは、その寺院に属し、護持費で寺院の財政を援護する家のことをいいます。葬儀や法要など、葬祭供養をその寺院に任せる代わりに、年間護持費を支払うのです。安定的な経営継続を支えることにより、安心して後世にわたり永久供養墓の維持ができるのです。互いに負担を補う、信頼関係が築かれています。

管理費と考えれば妥当となる金額

寺院にお墓を建てるためには、檀信徒契約を交わし、檀家に入ります。船橋エリアの年会費の相場は1万円から2万円程度、寺院によって法要などの行事が年に数回あるので、都度お布施を払うところもあります。この年間護持費、管理費として考えてみれば、民営霊園で年間5,000円、公営霊園で年間7,000円程度ですから大差はないようです。

年間護持費は、単に運営費としてではなく、寺院を修理するために使われることもあります。名士や戒名のランクによって年間護持費の金額も違うようですから、事前に問い合わせてみましょう。ちなみに、お墓の引っ越しには離檀料という費用が発生する場合もあるようです。

 

船橋エリアでは家族に迷惑をかけないため、永久供養墓への契約も増えていて、中には年間護持費が発生する寺院もあります。その名のとおり、寺院を護るための運営費として使われたり、もちろんお墓の管理にも使われます。

供養するにも環境改善や寺院の補修工事、いろんなところにお金がかかるのも事実です。無償提供でありながらも、運営し続けることは必要です。そのために年間護持費が発生していて、支援制度によって永久供養ができる仕組みです。