船橋・市川で知っておきたい永代供養墓を一挙紹介!

お墓の在り方は多様化してきている!?
皆さんは自分が亡くなったあとのことを考えたことはありますか?以前までは先祖代々続いている家族のお墓に納骨してもらうことが一般的でしたが、最近のお墓事情は違います。お墓に対する考え方や価値観も変わってきており、様々な理由で「永代供養」を選択する人が増えてきました。
永代供養は今の日本にピッタリ
永代供養は家族や自分の子供にお墓の管理を任せるのではなく、遺骨を納めたお寺や霊園などが永代にわたり供養をしてくれるという方法。今の日本では核家族化が進んでいたり、未婚のままお墓の管理を任せる人がいない方もいるので、時代のニーズに合わせた供養方法と言えるでしょう。
市川・船橋エリアの永代供養を比較!
そこでこのサイトでは船橋・市川エリアの永代供養墓に対応しているお寺や霊園を5つピックアップして、費用や立地条件、交通の便、口コミなどからの総合評価をして、ランキング形式でご紹介しています。お墓選びの候補の1つに「永代供養」をお考えの方は是非チェックしてみて下さい!

船橋・市川市内の永代供養墓ランキング!

400年以上の歴史がある宝成寺

このサイトでオススメしたい永代供養墓ランキングの栄えある第一位は千葉県船橋市にある宝成寺です。

このお寺は約400年以上前に創立された由緒正しきお寺で、細部までこだわって建てられた本堂がとてもキレイということで、観光客も沢山。

本堂の前には境内があり、駐車場も広めに整備されているので、沢山の参拝客が来ても問題なく車を停められるのも嬉しいですね。

また公共交通機関もアクセスもとても良く、京成電鉄の「京成西船駅」より徒歩5分程度で到着します。

「宝成寺」なら、きっと自分が入る永代供養墓として満足出来るはずですよ!

ポイント① 地域交流を積極的に行うお寺
ポイント② 新しい永代供養墓なのでとてもキレイ
ポイント③ 手厚い供養が受けられる
満足度92%の本光寺

このサイトでランキング1位と僅差だったのは市川エリアにある「本光寺」というお寺です。このお寺は永代供養以外にも通常のお葬式やペット火葬なども対応していますし、また、お寺では珍しいお守りなどの通販も行っており、良い意味で「お寺っぽくないお寺」と言えるでしょう。

交通の便もとても良く、JR武蔵野線「市川大野駅」から徒歩3分程度で着きます。

CMの「はひふへ本光寺」というフレーズで一気にその名前が広まり、お寺にはかなり珍しいマスコットキャラクターがいるなど、かなり開放的なお寺なんですよ。

もちろんお寺としても丁寧な対応が好評で、地域に愛されています。

また永代供養も低価格で年間管理料や維持費などは掛からず、かなりお財布にも優しいと言えるでしょう。

ポイント① 明るくオープンなお寺として人気
ポイント② 内装もキレイ
ポイント③ 永代供養の費用も低価格
日本一美しいと言われるステンドグラスの仏教画がある釈迦寺

釈迦寺は船橋市の高根町に大本山を構えており、その他千葉県内に3箇所、関西に1箇所にもお寺がある、大きい寺院の一つ。

釈迦寺の注目するべきポイントは、まず第一に納骨堂にいらっしゃるご本尊の後ろにある大きなステンドグラスが挙げられるでしょう。

光を取り込んだ姿を見るとまずため息が出るくらい美しいという口コミが沢山あり、一度は見学に行くべきという声も多数あります。

また永代供養墓(納骨堂)は宗派や宗教は一切問わず、誰でも入ることができるので安心して関学に行くことが出来ますよ。

釈迦寺によると、もともと仏教というのは本来一つのもので、仏教の各宗派の根源は、お寺の名前にもなっているお釈迦様の教え。

この釈迦寺はそのようなことから、どのような人でも受け入れているんですね。

内装もとてもキレイですし、納骨堂に関しては空調設備も整っていて、掃除はもちろん、お坊さんによる読経供養も毎日行われているので、安心して眠ることが出来るでしょう。

ポイント① 仏教画の大きなステンドグラスがポイント
ポイント② 内装にもこだわりアリ
ポイント③ わかりやすい料金やプラン
緑に溢れていて、景観の良い「船橋昭和浄苑」

船橋・市川エリアでオススメしたい永代供養ランキングの第4位は「船橋昭和浄苑」です。

この霊園はお寺が運営している霊園になり、お坊さんがいつでもいらっしゃるので手厚い供養を受けられると評判。

また、この霊園の場所は「県民の森」という公用地に隣接しているため、見晴らしがとても良く、今後も近くに大きなビルや建物が作られることはありません。ですので、お墓で気にしておきたい日当たりの良さも保証されていると言っていいでしょう。

交通の便に関しては電車から徒歩で行くことは少しむずかしいかもしれませんが、ホームページでも紹介されている通り、バスが走っているので行きづらいと感じることは無いと思います。

見学に行った人の口コミが沢山ありますが、「まるで森林公園みたい」というのが多かったので、景観は本当に良いはず。

また石彫家の方がデザインした、スタイリッシュな「浄縁墓(じょうえんぼ)」という名前の永代供養墓があり、テレビでも特集が組まれるほど注目されています。

ポイント① 手厚い永代供養が人気
ポイント② どこかホッと出来る環境
ポイント③ 安くはないけどその分の価値がある
バリアフリー設計で快適な環境の大念寺

船橋・市川エリアdeオススメしたい永代供養墓ランキングの第5位は「大念寺 和みの郷霊園」です。

この霊園は書いてある通り、「大念寺」というお寺が運営している霊園となっています。

この霊園のメインはお墓ではありますが、最近に建てられた「永代供養墓」が人気で、低価格で永代供養してもらうことが可能

人気の永代供養墓に関しては既にいっぱいになっていて、受付が終わっている場合もあるくらいです。

また、施設としてもバリアフリー仕様にこだわっている造りなので、参詣しやすいのも特徴の1つ。

キレイに掃除も行っていますし、お寺が直接管理している霊園となっているので、法事や会食にも使えるところもポイントですね。

ポイント① 地震にも津波にも強い霊園
ポイント② 好アクセスで設備も充実
ポイント③ 選べる3つのプラン

永代供養墓は今の時代に合った供養方法

皆さんは「家族のお墓」に対してどのようなイメージを持っていますか?

以前までの日本の場合、家族が代々受け継いできたお墓に入ることが一般的な考え方とされていて、「お墓は受け継ぐもの」と考えている人も多いかと思います。

ですが、時代は少しずつ変わっていくもので、現代の日本では一族でお墓を管理して守っていくことが難しくなってきています。

もちろん、「家族のお墓」を何も問題なく引き継ぐ、または引き継いでもらえる人は大丈夫ですが、例えば、「子供がいない」と言った場合、そのお墓はどうすればいいのでしょうか?

また、昔と比べて仕事による転勤や異動があったりした場合、遠方からお墓の管理、維持をすることは正直難しいですよね。

このように現代の日本ではライフスタイルが多様化してきているので、昔と同じように「お墓は家族で維持・管理していくもの」という考え方は少し厳しくなってきている人が多いんです。

また「家族にお墓のことで迷惑を掛けたくない」と考える人も増えてきているので、今は「お墓の在り方」自体への考え方も変わってきました。

少子高齢化の現代社会のことを考えるとお墓に対する考え方が変わっていくのも当然の事なのかもしれません。

実際に高い金額を出してお墓を購入した人で、お墓の継承や維持に悩んでいる人もいるんです…

このような変化し続ける社会の中で以前から注目されてきているのが「永代供養」という新しいお墓の形式。

永代供養の場合、一般的なお墓とは違い、家族や子供にお墓の継承で悩むことはなく、永代供養墓があるお寺や霊園の住職が家族の代わりに期限を設けずに永久的に供養してもらうことが可能なんです。

費用は一般的なお墓の半分以下?

家族や子供に代わり永久的に供養してもらうことができる「永代供養墓」。

自分以外の人に、お墓のことで苦労を掛けたくない気持ちもわかります。

その苦労の中で大きな割合を占めているのは恐らく「金銭面」の問題でしょう。

自分の墓石を用意するだけでも、低く見積もって100万以上掛かると言われており、万が一、自分の死後にお墓を立ててもらうことになった場合、家族の経済的負担は決して軽いとは言えません。

ですので、無理して高いお墓を建てたり、「今までのお墓に入ろう」と思う人が減ってきているとも言えます。

そこで知っておきたいのが「永代供養」の料金。

一般的なお墓を建てようと思うと、内訳としては上記にもある墓石建立費用を始め、お寺への永代使用料や毎年の管理費などが掛かるので、合計200~300万程度は必要ですが、永代供養の場合は、お寺や霊園にもよりますが、約1/4程度の費用で済みます。

また、家族に代わりお寺や霊園がお墓の管理をするので、初回の支払い以降の管理費などもかからない場合が多いので、遺族側に金銭面で負担をかけることもありません。

このように低価格で永久的に供養してもらえる「永代供養」は現代のライフスタイルに合った供養方法と言えるでしょう。

永代供養墓を選ぶなら、実際に足を運ぶことがおすすめ!

お寺や霊園などでお墓を購入して、通常通り供養することに比べるとだいぶ費用を抑えられる永代供養ですが、永代供養墓を選ぶときは金額だけで決めれば良いのかというと決してそのようなことはありません。

なぜかというと、例えば宗教の問題などがあげられます。

最近では宗派不問の永代供養墓が増えてきましたが、今でも場所によっては同じ宗派のみしか契約が出来ない寺院や、生前に永代供養の契約をする必要があり、その際にその宗派の檀家に入らなければ供養してもらえないところもあるようです。

檀家に入ると供養してもらう際に他と比べて手厚い供養が受けられたり、繁忙期でも優先して法要の対応をしてもらえたりするようですが、入檀料や志納金などの費用がかかることがほとんどのようです。

そのため、今宗派不問の永代供養墓の人気が高まっているのです。

また、ほとんどのお寺や霊園では共同供養墓を永代供養墓として使っています。

共同供養墓は他の人と一緒に遺骨がまとめられているため、一度埋めてしまうと掘り返すことができないため注意が必要です。

個人墓での永代供養をしてくれるところもありますが、その分費用が高くなってしまうため、特にこだわりがないようであれば宝成寺の「茂春の苑」のような共同供養墓の方がおすすめです。

永代供養墓がある場所の問題もあります。

永久的に供養してくれるといっても、納骨後1度も足を運ばないということはないでしょう。

永代供養してくれるお寺や霊園は駅近くにあることが多いですが、千葉県船橋周辺にはそのような場所が多いので、日ごろよく行く場所などなるべくアクセスしやすいところを選ぶと便利でしょう。

他にも立地や永代供養墓周りの景観など、いろいろと調べておくといいポイントが多くあります。

せっかくなら自分が納得のいくきれいな永代供養墓で供養してもらえたほうがいいと思うので、そのためにもたくさんのお寺や霊園の見学をおすすめします。

船橋・市川エリアの永代供養墓を厳選比較

最近では「終活」と言って、自分が亡くなるまでの間にお墓を決めたり、遺言を残したりなど、人生の終わりを、より良く迎える準備をする方が沢山いらっしゃいます。

ですが、いくら時間があるとは言え、何十ものお寺や霊園に行くのもかなり大変です。

そこでこのサイトでは千葉県の船橋・市川エリアで、特に人気のある永代供養墓を5つ厳選してランキング形式でご紹介しています。

船橋・市川エリアには沢山のお寺や霊園がありますが、このサイトで紹介しているところをチェックすれば、きっと自分の終活にピッタリの永代供養墓が見つかるはずです。

「どこの永代供養墓にしようか悩んでいる…」という方はもちろん、「永代供養って何?」と思っている方にも役に立つはずですので、是非参考にしてみて下さい。

永代供養の墓参りの方法

永代供養の墓参りの方法

  一般的なお墓参りは、お寺などに出向きお墓の敷地内を掃除したり、法要などでお寺を訪れる形になります。

何もない時にお参りしてもいいですし、法要などの場合は身なりも整えてしっかりとお経を上げてもらうことになります。

では、全てを管理してくれている永代供養の場合には、どのようにお墓参りをしたら良いのでしょうか。




 

永代供養のお墓まいりとは

永代供養の場合も一般的なお墓参りとあまり変わりはありません。

しかし、形態が少し違うので戸惑わないように心構えが必要です。

まず、お墓参りの身支度ですが、基本的には何でも構いません

しかし、神聖な場所ですし、他にもお墓参りへ来ている人がいる場合もありますので、ある程度はしっかりした服装を心がけましょう。

黒いスーツなどの決まりはありませんが、サンダルや短パン、などよりは襟付きのシャツを着るなどの気遣いは必要かと思われます。

さて、実際に墓参りの方法になります。

一般的なお墓と違い、永代供養墓には管理事務所や受付が設置されています。

まず、管理してくれている担当者に声をかけてから中に入るようにしましょう。

そして、実際の墓所へ向かうのですが、永代供養墓はいくつかの形式がありその形式によって墓所の形が異なります

○合祀式の永代供養墓 合祀の場合は、石碑やモニュメントなどが建立されておりそこが、合祀式の永代供養墓となっています。

合祀式の永代供養墓の前には大きな香炉や献花台が設置されていてそこに線香やお花を添えることができるようになっているのです。

お花まではたいていのお寺は供えることができますが、一般的なお墓のようなお供物に関しては供えることができないところが多いですので注意しましょう。

基本的には、納骨堂の内部は直接見られないのが合祀の永代供養です。

  ○個別式の永代供養墓 個別式の永代供養墓は合祀式のものとは別となっていて、故人の名前や戒名が刻字されたプレートが置かれています

お参りは自由にできるのですが、制度上線香やお花を供えることもできないところが多くあります。

事前に確認したり、親戚などが来る場合は一言伝えておくようにしましょう。

  ○納骨堂の場合 納骨堂はお寺によってかなり様々です。

納骨棚を使っているお寺は、合祀式の永代供養墓に香炉や供花台が置かれています

ロッカー式になっている場合は、線香や供花や記念品を置くことができるところがほとんどです。

  ○樹木葬の場合 最近、増えてきている樹木葬

小高い山になっている取りに墓所が割り当てられている形式や、シンボルとなる木の下に遺骨が埋葬されている形式が代表的です。

故人が埋葬されている場所がはっきりしているので、気持ち的には一般のお墓と似たような気持ちになるようです。

ただし、屋外で自然の中ですので供物は制限されていることがあります。

無理に参加をする必要がない永代供養

永代供養は、一般的なお墓と異なりお墓自体の手入れは必要ありません。

そのため頻繁に墓参りをしなくても良いのが特徴となっています。

お彼岸やお盆などに合祀での法要を行うことはありますが、参列を強制するものではなく、それでも管理はしっかりと行なってもらえます。

お墓に行けない分、永代供養した遺骨の一部を手元に置いておく手元供養をすすめるお寺もあります。

お墓参りに行けなくても、毎日お参りをすることができるため、遠出ができない高齢者から故人を身近に感じられると人気となっています。

永代供養の樹木葬などは人気がでてきていますが、景色が良い場所を好む人がほとんどです。

そのような時には、船橋の永代供養ならば自然もあり景色など良いためおすすめとなっています。